スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカー再生技術研究会1



クリスマスイブにスピーカー再生技術研究会のオフ会に行ってまいりました。
朝、5時に出発して八王子です。

例年以上にダラダラとセッティングしていい雰囲気です。

鈴木会長の「Col」
いかにも上下合体のようなデザインですが、
その通りです。
現地で組み立てていました。
あ、イラストの金具の位置が間違ってますね。

音場型ということで今回一番楽しみにしていた機体です。

最初の曲はバロック調です。
チェンバロかな。
音場が左右に大きく広がります。
スピーカーの後ろに広い空間が出現しています。
それでいて音像定位も抜群です。
音場と定位を両立しているのが素晴らしいです。

音そのものは、
帯域は広く感じますが、高音にちょっとしたクセのようなものがあって軽い雰囲気です。
また、低音の薄さがより軽さにつながっているようです。

ただし、音離れは抜群でスピーカーの存在も感じさせません。
例えば悪いのですが、映画館のスピーカーにいいです。


と思ったら、この会場、場所によって音が違うらしいのです。
後ろの方から最前列に移動すると…。

F特の問題点はオールクリア。
高音のクセもなくなり、低音も力強くなりました。
アンプを替えたらさらにいい。
女性ボーカルもスッキリ爽やかです。

ところがですよ。
今度は音像の中抜けです。
真ん中の音像がぼやっとしてしまいます。

この会場、天井と床の反射に違いがあって天井反射がやたらと強い感じなのです。
アッパーに取り付けたカンターレ社製5インチスピーカーからの音が反射しすぎて音像をぼやけさせているのかな?
後ろの席ではそんなことはなかったのですが…。

音場型はやはり部屋の影響を強く受けてしまうようです。
ご自宅ではそうとういい感じで鳴っているのではた推察いたしました。

多自由度バスレフは、
広い帯域を小型のフルレンジで実現できることが最大の利点なので、
点音源で回折の影響を排除した方向で発展するかと思っていたのですが…。


これからの発展がとても楽しみにです。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

昨年度のSP再生研は2日に別れたためお会い出来ませんでしたが、今年度はお会い出来てよかったです。

私は最近箱作りはスランプで発表するスピーカーはなかったんですが、オフ会で刺激を受けてきたので、駄作を恐れずまた作ってみようかな?

No title

kaneyaさん、
どうも、お久しぶりでした。
こういうオフ会はいろいろ刺激を受けられて、いいですよね。
私も新作に意欲が湧いてきました。
来年のkaneyaさんの発表が楽しみにです。

No title

ケイさん
ブログ復活有難うございます。
読みたかったです。
部屋の問題は難しいですね。
今回は、自分で鳴らしながら移動してみて、ようやく部屋の影響がとてつもなく大きいことがわかりました。
なかのZEROでは、これほど場所の差が出なかったように記憶しています。いろいろな会場でやることが、ノウハウの蓄積になってゆくのだと改めて思いました。
それと、実際にプレゼンしてみないとわからないですね。

No title

鈴木会長、
本当にいろいろとありがとうございました。
楽しかったです。

今回の会場はベストポイントを見つけるのが難しいように思いました。
このタイプは仮想点音源とでもいうのでしょうか。、
来年の進化が楽しみです。

運営お疲れ様でした。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。