fc2ブログ

バックキャビィーのなぞ 2

201901260845119d5.jpeg


バックキャビィーのなぞ2

バックロードホーンのバックキャビィーの役割や容量決定のパラメーターがどうにも理解できていません。

本当にバックキャビィーって必要なの?

現実問題としてはバックキャビィーがないとユニット取り付けがでないということはあります。
だって、フレームとマグネットが後ろに出っ張っているから。

スロート断面積はユニット振動板面積に近くしたいというのはすごく分かる。
近ければ、スロート付近の空気の振る舞いは振動板と等価になるから。

そう考えると、単にユニットの取り付けスペースが必要なだけだった、という推量も成り立たないでしょうか?

こう考えるのは訳があって、
フロントローデットホーンスピーカーには、
フロントキャビィーかついている機種はないからです。

音質的に必要だったらあるよね。

フルレンジ一発で、高音も出したいから、
フロントキャビィーがないんだよ。
というのは説得力がありますが、
じゃあ、マルチWayだったら?

ALTEC A7に限らず、
マルチWayフロントローデットホーンにはフロントキャビィーはなく、
スロートは振動板面積に可能な限り近づけています。
A7のさまざまな評価からは、
フロントキャビィーがないデメリットは感じません。

こんな推論から、
長岡式の言いたいことは、
ユニットが入れやすいからって、
むやみにバックキャビィーを大きくすんなよー!
ってことではないでしょうか。

ところで、
バックキャビィー容積ゼロのバックロードホーンスピーカーは作れるのでしょうか?
実は簡単で、
見てくれは最悪ですが、
ユニットをフロントから逆さに取り付ければ、すぐ実現できます。
フルレンジ一発で大丈夫です。

あるいは、ホーンツィーターにあるようなイコライザーをユニット後端に取り付けても可能かもしれません。

誰も今までやったことがないってことは、
やっぱりダメなのかな?

次、やってみようかな。


PS:
ホーン長が短いハイパボリックのような設計のバックロードホーンの場合は、
バックキャビィーがローパスフィルターの役割をしていそうなので、無意味ってことはなさそうです。

スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

>ユニットをフロントから逆さに取り付ければ、すぐ実現できます

私も以前そんなことを考えたことがありますが、
殆どのユニットは最初からすでにバックキャビティーを備えています。
振動板背面とフレームとの間の空間がそれです。
フェイズプラグ仕様のユニットは表裏同じ振動面積なのに
裏面からの高域が少ないのは、この隙間スペースのお陰もあると思います。
つまり元々裏面にハイカットフィルターが付いているので、逆さに取り付けるとフルレンジにならないわけです。

けいさんの作品なかなか格好良いと思います。

No title

それともう一つ
バックキャビィーを大きくしてもホーンの下限再生周波数は変わりません。
ホーンの再生帯域の山(中・高域)が下がるだけです。
バランス的に低域下限が増えたように感じるだけですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

アールefuさん、
お褒めいただき恐縮です。

ユニット後ろの構造がハイカットフィルタになっているとは
今まで気づきませんでした。
だから、ユニットはわざと前後非対称になっていると考えていいのでしょうか。
ナゾが一つ解けました。

完成後の試聴とアドバイスをいただきたいのですが、
難しそうですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR