fc2ブログ

キューッ!

20221216080332e1d.jpeg



密閉型で使う公式は

①Vc =3.5×10*4×a*4/(f0c*2-f0*2)M0
②Q0c=f0c×Q0/f0
③Q0c=0.7(が望ましい)

①式はユニットパラメータから容積を出す公式で
②は望ましい特性になると思われるf0cの設定公式。
でいいのかな?

先に③を②に代入して計算してから①をやるって順番だな。

今回はJIS箱について考えるので、
容積は80リットル一択。
なのでQ0について考えます。

いろいろ式をいじくっていると、
Q0cは二乗すると1/2になる数字だと分かります。
正確には0.707・・・

まあ、それはいいとして、
式から分かることは、
ユニットのQ0が小さいほど箱の容量が小さくて済みます。
実はユニットのQ0が0.7より大きいと式が破綻するので、
そんなにQ0が大きいユニットは存在しないのかと思ったら、
さにあらず。

有名どころでは、
ダイヤトーン P-610
Q0=0.8
M0=6.5g
f0=80Hz
a=6.5cm

この場合は箱はデカけりゃデカい程いいってこと?
それとも箱に入れた時のQ0であるQ0c=0.7に設定するのがまずいのか?
③の公式は無視してもいいのかな?

いきなり分からん。

スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

別に0.7にしなければいけない必要はありません。
0.7がカーブがバランスがいいというだけで、0.5でも1.0でも、0.5なり、1.0なりのカーブになるだけですね。

No title

こんにちは、
確かに、厳密に密閉容積を計算して
設計している人や評論家を見たことないですね。
JIS箱に入れて聴くには、
低音ダンピングを考えると
やはりQ0が大きいユニットが良さそうですね。

No title

遅いレスですが、URLのリンク先を見てみてください。
ずいぶん前に書いたもので、続きも書こうと思ったのですが、面倒でそのままになっているところが申し訳ありませんが。
公式というものについて私の考えをまとめたものです。
ざっくり書くと、公式に意味はあるが、公式にはいろいろと、ときには謎の前提があって、その前提に反すると思った通りの解は出ません。
こういうよくわからない公式を使わないように努力すると、微分方程式ばっかりになってしまうのです。
ブログのほうにも長岡公式の解説など書いているので、暇つぶしにお読みください。

No title

Suzukiさん、
こんにちは。

アドバイスありがとうございます。
今回のブログは
密閉型と無限大平面バッフルとバックロードの
近似性って何だろう?
って疑問から
大型密閉型に向いたユニットを考えでみました。
結局、分からない。
実際のところは、JIS箱に突っ込むので、
計算も何もないんですけどね〜。
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR