fc2ブログ

端子への配線

202308231236580f6.jpeg




まだアンプの配線には取りかかれません。
スイッチと端子の配線を決めないと怖くて動けない。

まず、3ピンコネクタです。
電源部からの電力をパワー基盤に送るケーブルコネクタになります。

3ピンのそれぞれに電源基盤の
+VCC、(無印)、−VCC
パワー基盤の
+V、GND、−V
を接続できればいいので、
接続を間違えなければいいだけです。
一体式ならコネクタすら不要です。
ただ、せっかく大きなトランスの電源部なので、
将来作るプリアンプにも繋げられるようにと出力はパラレルで2組です。

シャーシに取り付けるオスピンの方ばかりを見ていて気付くのが遅れましたが、
ケーブル側のメスを見ると、番号が振ってありました。

数字が読める向きだと、
右上(2時)1
下 (6時)2
左上(10時)3
この時、コネクタの切り欠きは上です。
なので素直に
右上(2時)1 → +VCC
下 (6時)2 → (無印)
左上(10時)3 → −VCC
とします。
宣言するほどのことでもないのですが、
しないと忘れるのよ。

お次はトグルスイッチ。
ピンが6個もあるのはなぜなんだ?
うわ、もう一つはピン9本もある!

ネットで確認すると、
ピンの縦列が一系統で、
横同士は何の関係もないらしい。
一応テスターで診てみたら
ネットの通りでした。

感覚的に合わないのが、
レバーを倒した方向のピンが繋がるのではなく、
レバーと反対に並んだピンが繋がることです。

多分実物の内部は違うとは思いますが、
勝手にイメージ図を描きました。
ヒンジが途中にあって、
接点がシーソーのように動くイメージだと理解しやすいです。

ダメ出しカモーン!


スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

> 感覚的に合わないのが、
> レバーを倒した方向のピンが繋がるのではなく、
> レバーと反対に並んだピンが繋がることです。

そうでしたか。
私もオメガの会のコンテスト用スピーカー(アンプ内蔵で、アクティブ・パッシブ切り替え式)の部品として同じようなトグルスイッチ(私のは3系統ではなく、スピーカーの+、-信号用の2系統の物)を買ってありますが、
極性確認はこれからだったので、参考になりました。

私はアンプは全くの素人で自作で手を出す(という程の物ではないですが)のは初めてなので、
どうなることかと今からドキドキしています。

それにしても、ケイさんは絵が上手いなぁ~。尊敬してます。

No title

きたやまさん、
私が入手しているのは、
ネットとたまたま同じモノだったのかもしれません。
青い樹脂ボディのモノです。

よく分からず買ったので、
3系統ですが、2系統で十分でした。

アンプはしくじると燃えるとか言われて、
ビビりながらやっております。

ご健闘を祈ります。
04 | 2024/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR