スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカー再生技術研究会2



私は落選作の「三段スチロール」を持って行きました。

さて、音だしです。

小田和正。
うわっ!
出だしからダメだ。
ボーカルが濁ったようにボンついています。
ソースを切り替えたくなるのをじっとガマン。

明和電機。
思ったよりはマシですが、やはり中低音の分離が良くない。
キーボードの音がイマイチです。

これで待ち時間1時間は罰ゲームのようです。

ギャグが上すべりなのはいいとして、
改善点が見えてきました。

これほどの入力は初めてだったので、
箱の強度か不足していたようです。
いったん補強を外して、組み直す必要がありそうです。

箱の表面の振動面積を分割していく方向で考えています。

皆さま、ぉ講評ありがとうございました。
スポンサーサイト

スピーカー再生技術研究会1



クリスマスイブにスピーカー再生技術研究会のオフ会に行ってまいりました。
朝、5時に出発して八王子です。

例年以上にダラダラとセッティングしていい雰囲気です。

鈴木会長の「Col」
いかにも上下合体のようなデザインですが、
その通りです。
現地で組み立てていました。
あ、イラストの金具の位置が間違ってますね。

音場型ということで今回一番楽しみにしていた機体です。

最初の曲はバロック調です。
チェンバロかな。
音場が左右に大きく広がります。
スピーカーの後ろに広い空間が出現しています。
それでいて音像定位も抜群です。
音場と定位を両立しているのが素晴らしいです。

音そのものは、
帯域は広く感じますが、高音にちょっとしたクセのようなものがあって軽い雰囲気です。
また、低音の薄さがより軽さにつながっているようです。

ただし、音離れは抜群でスピーカーの存在も感じさせません。
例えば悪いのですが、映画館のスピーカーにいいです。


と思ったら、この会場、場所によって音が違うらしいのです。
後ろの方から最前列に移動すると…。

F特の問題点はオールクリア。
高音のクセもなくなり、低音も力強くなりました。
アンプを替えたらさらにいい。
女性ボーカルもスッキリ爽やかです。

ところがですよ。
今度は音像の中抜けです。
真ん中の音像がぼやっとしてしまいます。

この会場、天井と床の反射に違いがあって天井反射がやたらと強い感じなのです。
アッパーに取り付けたカンターレ社製5インチスピーカーからの音が反射しすぎて音像をぼやけさせているのかな?
後ろの席ではそんなことはなかったのですが…。

音場型はやはり部屋の影響を強く受けてしまうようです。
ご自宅ではそうとういい感じで鳴っているのではた推察いたしました。

多自由度バスレフは、
広い帯域を小型のフルレンジで実現できることが最大の利点なので、
点音源で回折の影響を排除した方向で発展するかと思っていたのですが…。


これからの発展がとても楽しみにです。

スピ再技研オフ会



2015スピーカー再生技術研究会のオフ会がやって参りました。
今年は2回あって、今回はテーマ何でもあり会です。
15分前に会場に到着すると、あれ?誰もいない。
程なくカノン5Dさんがいらしてひと安心。

私の発表は、「発泡スチロールの箱はスピーカーに向くのか?」というニッチなテーマです。
stereo誌のオマケスピーカーP1000を装着した、発泡スチロール箱とフツーにMDFで作った箱を聴き比べてもらおうという趣向です。

出番はラスト。トリです。
いやあ、照れるなあ〜。
SPセレクターで瞬時に切り替えられるよう接続して音だしです。

CDは上條恒彦「出発の歌」「だれかが風の中で」
ビル エヴァンス「Waltz for debby」

スチロールの箱とMDF、どちらが好きか会場に挙手していただきました。
何と、半々!
スチロール箱が意外に健闘!
スチロールの方がバックキャビーの影響が少なくていい、というご意見もいただきました。

ふむふむそうなのか…。

けっこう皆さんに興味を持っていただけたように思ったのですが、
終始ギャクはすべり気味で妙に敗北感が残る発表でした。

あらためて、会を運営してくださった鈴木会長、加藤さんをはじめ、皆様に御礼申し上げます。
M副会長不在が残念でした。



スピ再技研その9

大沢さん

ラストは大沢さん「まこちゃんMPR-2」。
白黒ツートンの多重共鳴管式です。
第1気室にバスレフポートが2つあってそれぞれに共鳴管があるMCAP型の発展系です。

形が特異です。
共鳴管なので縦長なのは分かるのですが、ユニット下には四角い穴が背面まで貫通しているし、背面には袴のような衝立があります。
ユニットはステレオ誌おまけのスキャンピークですが、振動板にアルミシートが貼ってあって銀色です。

音出しです。
ドラムがリアルです。
音の立ち上がりがすごくいいです。
低音は伸びがあるもののベース音は分離が悪く聞こえます。
定位、音場はあまりいい感じがしません。
スピーカーの設置間隔が狭いのかもしれません。
高域は振動板が重いせいか控えめです。

お次はユニット交換です。
サブバッフルで簡単にユニットを交換できます。
ユニットはダイトーボイスの安いやつ。型番をうかがうのを忘れていました。
大沢さん、普段はこちらのユニットで音楽を楽しんでいらっしゃるようです。
一言で言うとマイルド。
トランジェントは中庸で高域は素直に減衰しているようです。
肝心の低音はやっぱり分離がイマイチに感じます。
特質すべきは中音域です。
非常にクリアで女性ボーカルがさわやかに出ます。
暴き立てるような音ではなく、穏やかに聴かせるスピーカーです。

スピ再技研その8

石田ケンさん

7番手はケンさんこと石田さん。
アンプの達人の方です。

今時珍しい薄型スピーカーです。
正方形のバッフルも珍しいですね。
変な波模様の壁紙がバッフルに貼ってあってインパクト大です。
ユニットはPARC製17cmコアキシャルです。

フロントに端子が2組あってバイアンプ駆動になります。

音出しです。
穏やかで品のいい音です。
ゆったり鳴っていますが、低音のキレが侮れません。
ボーカルが非常になめらかに聞こえます。
トランジェントはいい意味で抑え気味でポリプロピレン振動板らしいフィーリング。
PARC製品らしく中域はスピーカーの全面に定位します。

聴いているとこちらもリラックスしてきて眠くなってきます。

実はPARCオーディオ鑑賞会で一度聴かせていただいた機体です。
その時よりも低域の分解能が上がって締まりがいいように感じましたが、
石田さんによるとアンプ以外は何も変えていないとのことでした。

コアキシャルユニットってそこそこ鳴らすのは簡単だけど、しっかり調整するのが難しいっていうイメージでしたが、
ここまでの高みに到達できるのいう驚きの実例でした。


07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。