2017スピ再技研10



この日の4番手は私ケイの「ザクザグ」
基本構造は、小型バスレフのAパーツ、ただの箱のBパーツ、ダブルバスレフのCパーツを組み合わせて使います。
全部使うと、ダブルバスレフケルトン型バスレフスピーカーですが、
AC型だと、
両方駆動でタンデム型ダブルバスレフ、
Aのみ駆動でドロンコーンダブルバスレフのバスレフ型という得体の知れないスピーカーになります。

ホントにみなさんにご協力いただきまして、
いろいろなパターンを聴くことができました。
ありがとうございました。

Aパーツは1.8リットルバスレフとBパーツも使った6.8リットルバスレフの違いがほとんどないのが、
私としては面白かったです。

スポンサーサイト

2017スピ再技研9



この日3番手は高橋さん、
「楽器構造を導入したスピーカー」

どこか愛嬌のある躯体はバスレフ型です。
ウクレレ構造をスピーカーに転用して、
前後の板厚は左右に比べて薄く作られています。
また、その前後板にはT字部材を左右とは接触しないように貼り付け、響きのコントロールもしています。
塗装はつや消しカシュー。

高橋さんの作品にいつも感心するのが、
その木工技術です。
あまりご本人はアピールしないのですが、
こういうテーパー仕上げが本当にうまいです。

ユニットはFOSTEX FK10P
10cmフルレンジのサブコーンにシェラックニスを塗布して、音色のコントロールをしています。

さあ、音だしです。
ダブルコーン型らしい張りのある音です。
トランジェントが良く、アタック音の立ち上がりが良好です。

応答性の高さが音質にも現れて、ライブのピアノはリアルで女性ボーカルもクリアな感じです。
シェラックニスの効果か、ダブルコーンのクセもうまく抑えられていて、ホールトーンの余韻も伝わってきます。
音場感は抜群に良く聞こえます。

ダクトチューニングは75Hzですが、測定F特では50Hzまで再生できているようです。
そのダクトにはアクリル板で仕切りが作ってありました。
余計な低音振動を抑制するのに役立っているのかもしれません。
低音は分離重視でスネアドラムの乾いた感じがうまく出ています。

若干ピアノの音にクセを感じる場面もありましたが、ダブルコーンのネガをほとんど抑え込んでいます。
響きをうまくコントロールしてハイスピードな楽器再生をする秀作機体でした。











2017スピ再技研8



続いて加藤さん

2週間前の改良版です。
5cmフルレンジをウーハーとして3発とツィーター1発を約2500Hzでクロスオーバー接続させた2wayです。

ボイド管の躯体は前後にベニヤ板をはめ込んでいて、
ものすごく頑丈にできています。
JSP方式で、ダクトを含め全て同軸で配置されています。

さて、音だしです。
イーグルスのホテルカリホォルニア。
イントロのスネアドラムは楽々再生で
低域はかなりのワイドレンジです。
このライブ音源を聴きどころはもう一つあって、
歓声に混じって極低音が地響きのように混じっていると私は思っています。
さすがにそれはうまく聴き取れませんでしたが、
驚異的な低音再生能力があります。

全体的には柔らかな音質でしっとりとストリングスを奏でます。

青江三奈の左chから聴こえるエレキはリアルです。
同じく同じく左のシロフォンも澄みきった感じがいいです。

この部屋はかなり音響がいいとは思うのですが、
中低音にどよーんとした響きが乗るように感じます。
この機体も部屋の影響か、その傾向が感じられました。

定位は同軸構成にもかかわらず普通に聴こえました。
不思議なことに高域はスピーカーの背後に、
それ以外の音域は手前に定位しているような聴こえ方です。
高域が遅延しているのでしょうか?
エコーっぽいような変な響きは乗ってこないので、
気のせいかもしれません。

このスピーカーはとにかく低音の音圧が高く、
ユニットの口径を感じさせません。
むしろ低音が出すぎるぐらいです。
5cmにしてはすごいではなく、口径無視ですごいのです。

スピーカー製作は面白いと改めて実感させてくれた優秀作です。



2017スピ再技研7



スピーカー再生技術研究会、2回目のオフ会です。
前回から2週間後の10/9(体育の日)に中野ゼロです。

トップバッターは鈴木会長。

MCAP-CRの初号機、初めての多自由度バスレフです。ダクトが違うダブルバスレフが上下に配置された構造です。
細身のパイン製の躯体は角が丸められて美しく、納められたユニットはTangBang W3-517SB、
ゲンコツ型の木製フェイズプラグがパインとマッチしてます。

さて、音出しです。
パガニーニ。
ほぼフラットな特性に聴こえますが、
中低音は量感がやや薄めな印象です。
スピーカー同列に楽器が定位しています。
音場感はあまり広がらず、定位重視のようです。
なぜか左chのビオラの音圧が強く聴こえます。
そういうソフトなのかな?
弦楽器のピチカートはすっごくリアルです。

続いてオルガン。
包み込まれるような音場感は少ないのですが、
ブルブル震えるような低音まで出ていて、
非常にワイドレンジなことが分かります。

オペラでは女性の声も濁りなく艶やかに再生していますが、
わずかに左chがビリついているような気配があります。
別ソフトでは右もピリピリしていたので、音量が大きかったのかもしれません。

特質すべきは、弦楽器の低音の良さ
チェバロの響きや、ウッドベースの階調表現が見事でした
また、部屋の影響が少ない低音再生で、
試聴位置の影響があまりありませんでした。

ユニットの素性の良さを引き出し、
充分な質の良い低音再生のできる見事な機体でした。

近作の音場型スピーカーもこのユニットでやってほしいなあ。


2017スピ再技研6



最後は私ケイの「K-N1」
パークオーディオのアルミコーンウーハーをフルレンジとして作ったスピーカーです。

かなり長い時間を使わせていただき皆様に感謝です。

更にこの会を運営されていらっしゃる、
鈴木会長、加藤さんには、更に更に感謝です。

この後の飲み会ては、参加者多数で盛り上がりました。
副会長の松さんにお会いできなかったことが残念でしたが、次期会長候補も見つかって会は安泰だぁ〜。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR