fc2ブログ

スピ再技研オフ会8発目

20221002122202cc5.jpeg


8発目はおおさわさん、
テレスコシリーズ「対称スリットバスレフ テレスコ3号機改変型」
通称「テレスコ3改」

バッフルは15㎜厚赤松集成材のボックス形状です。
3wayスリットバスレフ型になります。

ユニットはフロントAKDK電子の8cm F77G98-6を4発。
リアは10cmウーハー。
そして謎のコーン型ツイーターがぶら下がっています。
入れ子構造の二つの箱をスライドさせて容量を可変できます。

実は可変がミソではなく、
スライドさせた時にできる隙間でバスレフ動作をさせるところがキモです。
今回のスリット幅は5mmだそうです。

近くで聴いても、これだけ狭いスリットなのに吸気音は聞こえません。
末端が急に開放されていないからでしょうか。
ここまで狭くできることに驚きます。

ライブの音場感も良く、
音の立ち上がりにパンチがあります。

全体としてはやはりマルチっぽいつややかさがあり、
非常に聴きやすいと感じました。

「下品な低音」との評価もあるようですが、
なかなかどうして、
ウッドベースは低音のブルブル感もよく出ており、
歪みのない低音は量感と歯切れを両立しています。
おおさわさんの作品はいつも低音音階の分離に優れているように感じます。

この効果が、スリットバスレフによるものなのかどうか、
同設計のバスレフで誰か検証してほしいものです。

私の中では今オフ会でNo.1でした。

追記: 低音が下品という表現は、最高に低音が再生できているという最高の賛辞である(消息筋情報)

(今レポートは私ケイの主観に基づいたもので、単なる忘備録です。間違い等ご指摘いただけると助かります。また、特定の個人や団体を非難するものではありませんが、ご不快になる方がいましたら、削除いたします。)

スピ再技研オフ会7発目

20221001060004778.jpeg


7発目は秋葉さん、
2発目の時に登場した機体です。

実はスピーカー発表がメインでなく
Adobe PremiereのMultiband Compressorを使ったリマスタリング効果の発表です。
当方、原理も何も全然分かりません。

分かる方に聞くと、
特定の楽器を抜くことができるので、
バンドマンに重宝がられるとか。
って説明されても、やっぱり分からない。
いろんな音に加工できるって認識でよいのでしょうか?

最初の曲はカーペンターズ。
リマスタリングの有り無しで試聴します。

うん、違うな。
かなり違うっていうより、
ここまで変えちゃうのかっていうのが素直な感想です。
中低域をすごく分厚くした音に変化してます。

その後は加工後の別ソースが流れます。
私だけの問題かとは思いますが、
比較がないのでどういう風に聴けばいいのかとまどいます。

試聴位置の影響かもしれませんが、
全体的に緩い感じを受けます。
モニタースピーカーみたいな情緒性のないスピーカーだったら、
印象は違ったかもしれません。

リマスタリングなのでパラメーターによって、
いかようにも変えられるということは
秋葉さんの好みの音って訳ですね。

その場でいじれるなら、
いろいろ試してみたいかな。

それ以外で分かることは、
さすが原音は定位と音場感に優れています。

お持ちいただいた機体はOM-MF519を使った
「バックロードホーン+アルファ(バスレフ付き)」
内部構造資料がなく、
小型のバックロードホーンとしか分かりません。
天板の一部が下がっているところが、
複雑な内部構造が想起させられてグッときます。

スピーカー本体の音は
リマスタリングのインパクトの方が大きくてよく分かりませんでしたが、
すっきりした音だなと感じました。

(今レポートは私ケイの主観に基づいたもので、単なる忘備録です。間違い等ご指摘いただけると助かります。また、特定の個人や団体を非難するものではありませんが、ご不快になる方がいましたら、削除いたします。)

スピ再技研オフ会6発目

20220930040456d6e.jpeg


6発目は加藤さん、
大型です。

3ウェイとサブウーハーを片chに組み込んでいます。
正面は3ウェイ、側面にサブウーハーとバスレフダクトが見えます。
ツイーター HiVi ドームツイーター K1
スコーカー マークオーディオ CHR70v3
ウーハー Tanban W6-1125SC
サブウーハー Visaton W170
見事にメーカーばらばらです。

集成材のエンクロージャーはダボを使い強固な作りです。
バッフルは鬼目ナットを打ち込んだ小口にボルトで固定されています。
内部にはL字に補強材が入って、その部分にぐるっと吸音材が使われています。
その補強材によってダブルバスレフのような構造になっています。

さて音出しです。
さすが3wayだけあって、しっとり低歪。
コンデンサーはフィルムコンデンサーに換装されています。
マルチウェイはやっぱり大音量が気持ちいいですね。

イーグルスライヴではワイドレンジを奏でています。
重低音の領域までもう少しで手が届く印象です。

ギターが美しく鳴ります。

サブウーハーは独立入力らしく、
有り無しで比較できました。
確かに効果あり。
量感重視のセッティングに聴こえます。

サブウーハー無しでも十分な低域音圧が確保されています。
ウッドベースの試聴をメインにしたとのことで、
そのあたりの音域は余裕で再生しています。
個人的にはサブウーハーなしの方が好みに感じました。

ツイーターのシリーズ抵抗を外した状態で
サブウーハーとのバランスを聴きたかったところです。

(今レポートは私ケイの主観に基づいたもので、単なる忘備録です。間違い等ご指摘いただけると助かります。また、特定の個人や団体を非難するものではありませんが、ご不快になる方がいましたら、削除いたします。)

スピ再技研オフ会5発目

20220929075159d4d.jpeg


5発目は井形さん。
機体名はこれでいいのでしょうか?

「8cm フルレンジ バスレフ」

大きな開口部を持つコンパクトな機体をお持ちいただきました。
今回のオフ会の隠れテーマはこれかな。
バックロードのような、バスレフのような。

ホーン長は0.7mと短い。
バックキャビィは2.8リットルとこれは大きい。
結果、バスレフダクト開口部をテーパー加工したようなバスレフ型なのか、
バックキャビィの大きいショートホーンバックロードなのか、
どちらとも言えない構造をしてます。

構造図面はいただいたのですが、
テーパー内壁もあり複雑すぎて理解が追いつきません。

ユニットはフォステクスFE83En  
テカテカした乳白色の振動板が特徴です。
外観はそっけないコンパネ製ですが要所にビスを使って高強度です。

音出しです。
ハイ上がりに聞こえますが、いやなクセもなく聴きやすいです。
山本コウタローは音分離良し。
低音は薄めです。
どっちかと言うとバックロードっぽい音に感じます。
でもなんだろ、フォステクス特有の中音の暴れがほとんど感じられません。

ここで種明かし。
PST回路を組み込んであるとのこと。
しかもかなり強力に。

ですが大パワーを入れても、
回路特有の音質悪化は感じられません。
しかも、トランジェントが全音域でそろっている印象です。

この素性の良さはユニット特有なものなのかな。
FE83Enってこんなに音が良かったっけ?
それともPST回路でマイルドになっているのでしょうか?
謎の多い機体です。

これがユニットの素の音なら買いたくなりました。

(今レポートは私ケイの主観に基づいたもので、単なる忘備録です。間違い等ご指摘いただけると助かります。また、特定の個人や団体を非難するものではありませんが、ご不快になる方がいましたら、削除いたします。)

スピ再技研オフ会4発目

20220928044657a17.jpeg


4発目は凝った機体を毎回ご持参いただいている穐山さん。

「ショートバックロードホーン」

背面に開口部のあるバックロードです。
音道は短めの約1mとのこと。
薄い構造用ベニヤで出来ていますが、持ってみるとすっごく重い。

バックロードの第1気道は100均のラッパ。
45°加工が多く凝った内部構造です。

ユニットは秋月電子F100A228-1 500円。
そのセンターキャップを別に購入したものに換装してます。
センターキャップだけを購入できる事実に参加者の皆さんも驚きを隠せません。
買ったら奇数5個入っていうのがウケていました。

さらにコーン紙にリブを追加して振動板強度を上げています。
左chは紙のリブ。これは分かります。
山形に折った細い紙がコーン紙に貼られています。
右はなんとカーボンロッド0.5mm。
なんかカッコいい!

さて音出しです。
全体的に軽い印象です。
ヒリヒリするような高域の鋭さではなく、
全体的にハイ上がりで軽い。
左右chの違いは分かりませんでした。

竹内まりあのボーカルも軽い。

ピアノは後方上部に定位して、奥行き感のある音場を作ります。
残響音の再生がすごくライヴっぽい。
後面開放型のような音場を形成します。

中域に少し気になる付帯音が感じられますが、
部屋の影響かもしれません。

カーボンロッドと紙のリブの違いは聞き分けられませんでした。
見た目はカーボンロッドがいいです。

たぶん、次回は3Dプリンタで、
超絶複雑な内部構造のスピーカーを作ってくれるのではないかと期待しております。

(今レポートは私ケイの主観に基づいたもので、単なる忘備録です。間違い等ご指摘いただけると助かります。また、特定の個人や団体を非難するものではありませんが、ご不快になる方がいましたら、削除いたします。)
04 | 2023/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR