fc2ブログ

ゆるふわ会2

202307030614090e6.jpeg


穐山さん

今回の登場機体で一番まともに見えます。
四角いし、何と言っても仕上げがキレイ。

バックロードホーンです。
折り返しは90°2回、180°1回かな?
正面バッフル中央がホーン開口部で、
スロートから伸びる第一気道が開口部から見えます。
開口部には強度部材として丸棒が2本貫いていて凝った造りです。
気室容量も裏板位置を変えることで決めていて設計も丁寧です。
3Dプリンタ製バッフルリングも装着されています。

ユニットはFaitaPRO 4FE35-8
約4千円のネオジウムタイプです。
複雑なプレスフレームがカッコイイ!

音出しです。

一聴してバックロードっぽくはありません。
バスレフっぽいな。
歯切れの良い低音はムリに伸ばさず、高音とのF特バランスが良いです。
量感は少な目かな。

音場は広く、楽器はバッフル面に定位します。

女性ボーカルは少し荒れた感じに聴こえました。
フェライトのFaitaPRO 4FE35-8とは真逆のキャラになってます。
マグネットだけでこんなに違うものなんでしょうか?

メモでは
「ソフト的な倍音と中音のつながりが分からない」
ってあるけど、
ちょっと自分でも何を言っているのか分からない。
誰か翻訳して。

ホーン開口部からの中音漏れはありますが、
中低音に特性に悪影響を与えていない雰囲気でした。

3Dプリンタパーツを活用したバックロードを追求している穐山さんらしい丁寧な機体でした。

ゆるふわ会

202307020926037f9.jpeg


ゆるふわ会、なるものにお誘いをいただきました。
緩くてフワッとしているのが命名理由なのでしょうか?
きっとそうだな。

人の機体でいろいろ実験するってコンセプトのようです。
いじりいじられって感じでしょうか。
私のがいじられているのを見るのは楽しいもんですね。

さんざんいじり倒してからプレゼンが始まります。

加藤さん、漆黒の機体。
キャプテンフューチャーの宇宙船みたいでカッコいいです。
ユニット後方の空気室は確か花火球だったっけ?
入手できるスキルが素晴らしい!

ユニット固定は後ろのボルトで引っ張るフローティングマウント。
後ろのボルトが激しくはみ出ているのは重量バランスを考えてのことなのでしょうか?
ユニットとの接続は高級瞬間接着剤だそうです。
すげー強度だな、さすが高級。

多自由度バスレフM-CAPで下部で4つの副気室と繋がっています。
手前2本の副気室は小さめです。

頭頂には2本6千円のB&W風ちょんまげツイーターが装着されています。
3.3μF接続だそうですが、インピーダンスが不明なので、クロスは分かりません。

メインユニットは何だっけ?
タンバン風、秋月の黄色いケブラー振動板。
型番が分かりません。

さて、音出しです。

低音は歯切れの良さと伸びを上手くバランスさせています。
オンガンは30Hz台まで何とか再生。
45Hz(推定)ぐらいまでは余裕があります。
ウッドベース再生はいつもながら良いなあ。
安定の加藤サウンドです。

中高音は特にクセもなく、
無味無臭の印象です。
モニター的なやや硬い音質で
ボーカルもクリアで音分離も良好です。

ツイーターが強いように感じたのだけど、
視聴位置の問題かもしれません。
他の方はちょうどいいって意見が多かったです。
ちなみに逆相接続の方が定位は良く感じました。

コレといったネガが全くありません。
でも、いい音なんだけどあんまり印象に残りません。
情緒性を排除したい向きにはいいかもしれません。

黒い塗料は入射光の99%を吸収するという特殊なもの。
確かに黒い。
塗装ムラや躯体の凸凹が目立たないのはいいかも。

02 | 2024/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR