fc2ブログ

できたと思ったら大間違い

20230131122532895.jpeg




向井プリアンプできた。
やっとできた。
これでオフ会に間に合います。
パワーアンプと接続して、
音出ししましょう。

ああ、緊張する。
パワーアンプの出力セレクタレバーを入れるといきなり爆音。

ボリュームを大きくすると音が小さくなります。
え?

うん、間違えたな。
ボリューム配線はあれだけ注意もされたし、
配線図までいただいたのに、
見事に反転した配線をしてます。

音は出るので
ノブの回し方向が逆だけどそのうち慣れるからいいか?

いやいや、ここは慣れちゃダメだろ。
絶対誰かが爆音で音出しすること間違いなしです。

直すか…

どうやったら効率いいかな?
………
考えるのやめた。
目の前のを一つずつやっていこう。
ボリュームは3ピンあるので、
左右の配線を入れ替えるだけでOKなはずです。

できたので音出しです。
今度はダイヤルの向きは大丈夫です。
ところが左chが出ない。
RCA端子を抜き差ししても変わりません。
内部の問題だな。

ああ〜、また開けます。
ちょっと待て!
メシ食ってからにしよう。

またまたケースを開けて、
凝視しますが、外れているところはありません。
ネジも緩んでいません。
うわっ、やっかいなことになったな。

(中略)

基盤配線を全部外したり、
被覆の幅を変えたり、
配線経路を変えたり、
LED配線をやり直してみたり、
すげー、試行錯誤した。
その都度付けたり外したり…

爆音が出たり、
ハムが出たり、
左chが無音だったり、
ちゃんと鳴ったり…
安定しねー!
そんな中でも右chだけは問題なしです。

結論としては
ボリュームの破損と思われます。
端子基盤に無理な力が加わってスライド部分がおかしくなったと推察。

2連ボリューム、買わないといけないな。
同じタイプにしないと、ケースの穴に合わない。
ええと、Aカーブでいいんだっけ?
耐アンペアとかいくつあればいいんだろう?

ターミナルブロック取り付け

2023100811111044e.jpeg



ターミナルブロック取り付け

さて、向井プリアンプのケースが順調にできてきて、パーツが揃う目処が立ちました。
ちょっとずつ進めるか。

秋月電子通商の通販で入手したターミナルブロックの出番です。
コイツからやっつけよう。

基盤上の入力出力端子は
〈IN 〉
RCA LR(それぞれ+−)4接点
電源 −V GND +V 3接点
〈OUT 〉
RCA LR(それぞれ+−)4接点

必要なターミナルブロックは接点配置から5.08mmピッチの
2端子タイプ×2個
3端子タイプ×1個
4端子タイプ×1個

なぜか4端子タイプが商品としてありません。
仕方がないので、そこは2端子タイプを2個使うことにしました。


側面にオスとメスの溝が2本ずつ刻まれていることに気付きました。
ターミナルブロックってひょっとして連結できるのか?
試してみると驚くほどピッタリ接合できました。
はめると抜けない構造で、寸分の狂いもありません。
こんな小さなプラなのに驚くべき精度です。
すげーなコレ。

さらに基盤の穴に刺そうとしてまたもや気がついた。
ピッタリ付かないじゃん。
電解コンデンサーがジャマ。
コンデンサーは左右対象に配置されているのに、
なぜか片方だけ干渉します。
力ずくて押し込むとかろうじて入った。
早速ハンダ付け。

次っ!
基盤左右の入力側は問題なし。
問題なしなんだけど、背の高いパーツに囲まれた位置なので、ハンダ付けしようと反転させると落っこちる。
ここは割り箸を重ねて脱落しないように押さえを作って対応。
ふう。

そして連結したターミナルブロックは出力側に接続します。
あ、こりゃダメだ。
抵抗と完全に干渉していて、抵抗の上にしか取り付きません。
あれ?でも抵抗の上に付けても問題なさそう。
ターミナルブロックは傾くけど、足が長いので基盤とのハンダ固定は問題ないし、
ぐらつきがありません。
この状態でハンダ付けしました。

作業を簡単にするためのターミナルブロックを取り付けるだけで大騒ぎです。
基盤サイズがギリギリすぎないか?

ターミナルプロックの謎

20230925075001d88.jpeg


アンプとスピーカーが同時進行になってます。

向井プリアンプには
〈IN 〉
RCA LR(それぞれ+−)4接点
電源 −V GND +V 3接点
         
〈OUT 〉
RCA LR(それぞれ+−)4接点

小さな基盤に配線コードを11本も繋げないといけません。
そんな時はターミナルプロックって教わりました。

イトウ電子部品でターミナルプロックを扱っています。
規格が2種類あるようで、
7.62mmピッチと8.5mmピッチ。
基盤に合うのはどっちだろ?

測ってみればいいか。
で穴ピッチを測ると5.1〜5.3mm
あれ?全然合わない。

秋月電子通商を見ると、
5.08mmピッチってのがある。
これだな。

色が緑、青、黒があるのはなぜなんだ?
黒が耐電圧が少し低いな。
でも緑と青の違いが分からない。
向井さんは青を使っていたな。
あれ?
IGTさんは緑だったような気がします。

この違いって何なんだ?
単なる色の好み?
それとも入力と出力で色を変えるとか?


ケース改良

20230914094332608.jpeg




シャーシじゃなくてケースだな。
入れているだけだし。

パワーアンプはモノラル×2で、
二つのケースを連結しました。
対してプリアンプ基盤は一つでステレオです。

フロントにボリュームノブとLEDインジケータが付くので、
空間的にはムダですが、パワーのケースと同サイズで作ることにしました。
ということで、二個連結作戦。

都合の良いことにパワーとプリの基盤サイズは同じ。
取り付け穴も同じでした。

まあ、しかし、パワーアンプのケース設計はいろいろとミスりました。
力技で組んだけど。

まず、連結したケースの配線連絡通路が狭かった。
用意した配線が太すぎたのか、
線も集団になると固くて、
ここを通すだけで一苦労ニ苦労。

さらに、基盤の四方から配線が取り付くってイメージが無かったので、
基盤の一方の空間が狭くて、
配線作業をさらに困難にしていました。

また、基盤は床に置くものという固定観念で床とのクリアランスが狭かったことも、配線作業の難易度を上げてました。

細かいところでは、
背面の抜き文字はエンボスの方が強度的にいいな、とか、
基盤取り付けビス穴は小さくて苦労したな、とか、
チビチビいろいろな問題点を改善して設計。

ただねえ、
今のところ3Dプリンタ様の調子が悪いんだよね。
気温が高すぎると具合が悪くなるのだろうか?
だから、涼しくなってからプリントの予定。
それとも10年も使っているので寿命かな?

材料買い出し

20230913054556ecc.jpeg




「鉄は熱いうちに打て」
アンプ作りは勢いが大切。

わざわざ休みを取って秋葉原詣。
このビミョーな背徳感が良い!
パーツ集めも慣れてきて、
ソッコーで集められました。

・RCA端子 4個で1,244円 山本無線

・アンプゴム足B-23-5 10個入 264円 
 ラジオデパート2階シャーシの店

・フィルムコンデンサー銅箔PPSD
 250VDC 3900PF 5% 2個で376円
海神無線 ラジオデパート2階

フィルムコンデンサーは電源部の改良に用いるものなので、今回のプリアンプに必須ではありません。
これも「勢い」なのです。
でも説明書きの5%って何だろう?

その後、ホームセンターに行き、
アンプの足を買いました。

・アンプ足 黒檀 4本で1,276円

小さな木材ですが、黒檀だけあって高い!
電源部とパワーアンプ部の足をすでに黒檀で作ってしまったので、
今更変更はできないという事情がありました。

本日の買い物、しめて 3,160円也
うわー、散財したな。

後はシャーシを作りさえすれば部品が全てそろいます。
まずはシャーシの図面を描かなくちゃ。

02 | 2024/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR