fc2ブログ

ポストゆるふわ

20231205071509097.jpeg




グレープアンプ始動

会での内容はとりあえずすっ飛ばして、
もう翌日の話です。

グレープアンプの配線は仮留めだったので、ハンダ付けをしないといけません。
1時間かかってハンダ付け完了。
LED位置も微調整して,カッコよく!

RCA端子上に白色LED二つ、
この白色は正確には電球色で、向井アンプと揃えています。
オフセットされたボリュームの空いた空間に青が透過されます。
白色は上面にも透過して、スイッチオンの瞬間が分かります。
ルームランプにはちょっと弱いかな。

オフ会を抜け出して入手したクイックロックなる接続端子の出番はありませんでした。
でも買ったのはきっとムダではないな。

電源接続し、燃えないのを再度、確認してから、
CDプレーヤーとスピーカーを繋ぎます。

グレープアンプ(以下:グレープ)
緊張の音出しです。
出た。フツーに出た。
音質云々の前に、音が出ることにホッといたします。

直前まで使っていた「向井アンプ」(以下:向井)との音質比較になります。
一聴した感じでは、
華やかで軽いグレープに対し、
落ち着いて重厚な向井。
グレープは中音のボーカルが前に出て来て、ポップス系は聴きやすい。
ハイ上がりっぽくも聴こえます。

向井は重低音のダンピング、音圧共にさすが大型トランスを積んでいるだけあります。
アタックの立ち上がりも問題なしです。
もちろんグレープも低音が出ていない訳ではなく、ちゃんと出ています。
でも、重低音の音圧が低く、ダンピングがよくないのか、音として聴こえにくい。
スネアの実在感なんかは差がでます。

かと言って、高音の方はグレープの勝ちとも言えないように思います。
グレープは華やかで高音成分が多いように思いますが、
素直に伸びている感じはなく、トライアングルは向井より苦しい。
このアンプの中高音が粗いために目立って聴こえているのではないでしょうか?
ピアノの音が硬く聴こえ、
同じような音量で音楽を鳴らしても終始うるさく感じます。

そんな訳で、高音成分に起因するような臨場感の再現には向井の方が向いています。
雑な言い方ですみませんが、
グレープは繊細なタイプではないように思います。

総じて、向井の音場表現に底力があることが分かりました。
ただ、向井はスピーカーを選ぶ。
ダンピングが良く、高音が伸びるスピーカーでないと、ただ、ボワーンとした印象が残りそうです。

しかしながらグレープが悪いアンプかと言うと、
全くそんなことはないと思います。
ややレンジは狭く感じますが、
ボーカルが聴きやすく万人向けで、
単独で聴いたなら、
きっと区別がつかないぐらい
何の不満も出ないと思います。

グレープは耐入力のあるフルレンジを大パワーでガンガン鳴らすのに向いているのではないでしょうか。
何と言ってもこれほどの小型アンプで
片ch100Wの大出力が出せることは魅力です。
発熱も少ない。

ここでマジな話ですが、
アンプの試聴って、スピーカーと違って、
日によってキャラが違って聴こえることが多くて困る。
長期に運用しないと安定した評価が難しいのではないかと思っています。
つまり、それだけ微々たる違いでしかないってこと。
ただ、アンプが担っている音場表現の部分も過小評価できないなと思います。

実はグレープさんから、
修理用としてお持ちいただいたアンプを丸ごといただいてしまいました。
ありがとうございます。

スペア用とのことでしたが、
こちらはちゃんとした金属躯体で端子も付いており、
すでにちゃんと使える状態です。

しかもグレープさんが組んだので、当然ながら安心感もひとしおです。
どっちがスペアかビミョーです。

気がついたら、いつの間にかアンプだらけになっております。
IGTさんからの預かったパイオニアM-25+ラックスマンCL-350のコンビ。
プリメインのこれまた預かり物のMUSICAL FIDELITY A1。
そして半年をかけて完成した向井アンプ、
さらにグレープアンプ1号機と2号機。

もらった物ばっかり。
ちゃんと買ったのはプリアンプのCL-350と向井アンプぐらいです。
ありがたいやら、申し訳ないやら…

あれ?そう言えば、
グレープさんからこの2号機を受け取る時に、
マルチアンプにしてくださいって言ってました。

え、マルチアンプ…
マルチウェイを駆動ってことだよね。
この先の沼が深そうでためらう…


スポンサーサイト



グレープアンプ完成?

20230131122532895.jpeg




グレープアンプ完成?

MKIさんにACアダプタを調達していただきました。
電源端子もワンセットで、お値段も含めて感謝感激です。
本当にありがとうございます。
お代は後ほど。

ケース設計でこの電源端子は想定済みで、
φ10の穴を背面に開けてあります。
穴が大きすぎたら、アダプタ作って埋めればいいよね。

ん、端子って大きいな。
端子径はφ14、穴はφ10。
なので当然入りません。

しょうがないので、ケースの外側に設置することにしました。
設置ブラケットを作ってケースにネジ留めしました。

肝心の配線に移りましょう。
ジャックの外側がマイナス、中央がプラスです。
これはアダプタ本体に書いてあるから間違いなし。
問題は端子側。
基盤との接続側は3ピンになってます。

マイナス側は一番外側のピンなのはテスターですぐ分かりました。
ところがプラス側はテスターの針が届かないので、残りのどちらのピンなのか分かりません。
アダプタ本体を接続して電圧でチェックしました。
結果、反対側の外ピンがプラスでした。
電圧は19.5Vで極めて安定してます。

ハンダ付けしてからネジで固定しました。

できたーっ!
グレープアンプ完成!

いやいや焦るな。
まずは電源を入れて燃えないのを確認しないと。

燃えませんでした。
LEDもちゃんと点灯。

できたとなれば早速音出しです。
このグレープアンプには電源スイッチが二重にあります。
一つは基盤への電力線の切断のトグルスイッチ。
もし一つはボリュームスイッチに組み込まれていて、
音量ゼロよりさらに絞ると、
カチッとしたクリックでスイッチオフになります。
大昔のテレビですね〜。

両方の電源スイッチをオフにして周辺機器を接続します。
慎重に音出しです。
まずトグルスイッチ。
LED点灯。
次にボリュームスイッチの順で操作。

一瞬、音が出て、それから無音。
あれ?

ガリッぽい音だったので、ボリュームの接触不良を疑いましたが、
ボリュームダイヤルをいくら回しても何の音もしません。
接触不良でないとすると、何が原因なんだろう?

一度全スイッチをオフにして、もう一度同じ手順を行うと…
またも一瞬音が出て無音になります。
無音時はハム音もしません。

何度繰り返しても同じ反応です。
とにかく、一度ボリームスイッチをオフにしてから回すと一瞬出る。

何なんだこの反応は?

今回のアンプ基盤XZ-M510の負荷インピーダンスは4〜8Ω。

まさか、ね…

もしやと思い、ツイーターを外してみました。
結果、変わらず。

ツイーターを外したメインスピーカーは拙作「乙Z」
マークオーディオ OM-MF5です。
このユニット、インピーダンス 4Ωなのです。
アンプの安全範囲のギリギリです。

負荷範囲外で電子リレーが作動しているっことはないでしょうか?
でも、そんなシビアなことってあるかなあ?

手持ちの6Ωの抵抗をかませてみました。
これまた結果変わらず。
でも、音が出ている時間が少し長くなりました。
抵抗前は0.5秒でしたが、抵抗後は1秒ぐらい。

何なんだ、コレは?

フロントデザイン

2023110107161304b.jpeg




グレープアンプも、今はやれることがありません。
ヒマつぶしにフロント側の絵を描きました。
まあ、フロントもギチギチですね。

デザインのアクセントは中央上の切り欠き。
ここにはRCA端子固定のボルトが通っています。

同じ基盤を使ったケース付きの商品では、
ここのボルト固定がないのものばかりで、
端子の耐久性に不安になるものが多かった。
私としてはここのボルトは取り付けたい。
そのせいで、ケースに高さが必要になりました。

実はここをアクリルボルトにしたかったんですよね。
そうすると、内部に仕込んだLED光が強く出るインジケーターになります。
ボルト径は2.6mm。
惜しいことに3.0はあったんだけど、
この径のアクリルボルトがなかった!

まあ、しょうがないです。
悔し紛れに
メッキのローゼットワッシャーにステンのボルトを買いました。
トグルスイッチもピカピカのメッキなので、この部分だけは高品質に見えます。

全体ではとにかくコンパクト。
この大きさ感の表現は難しい。
マニアさん向けに言うと、
ちょうどLカセットを二つ重ねたサイズと同じです。
カセットテープじゃないよ、Lカセットテープだよ。

コンパクトさを伝えたかったのに、
すごくデカいように感じる表現になってしまい悔しい。

それで伝わらなければ、
銀行強盗犯が懐から取り出す時限爆弾ぐらいのサイズ、
と言えばだいたい通じるよね。

グレープアンプ完成間近

20231030073815c99.jpeg




ボリュームダイヤルが取れなくなってしまったのは昨日のお話。

基盤をケースに固定していた状態でホントに良かった。
ん? 後は配線すればいいだけじゃね?
そんなこんなでいつの間にやら配線工程に突入してました。

今回の基盤はターミナルブロックが初めから付いているので、ハンダ付けの場所が少ない。
具体的にはLEDとトグルスイッチだけです。

LEDは「向井アンプ」の教訓を生かして、シリーズ抵抗は初めから3kΩにしました。
LEDは豪華にパラレル2個ですよ。
え、意味?
そんなもんはありません。

スピーカー端子との接続は0型の端子をカシメてナットで固定。

ゴム足は裏に接着剤が付いているのでペタッと貼るだけです。
念のためにわざわざネジで揉み込んだら、少し浮いてしまった。
ネジは使わない方が良かったのか。
あらら。

配線作業も、あっと言う間に終わりました。
前回の向井アンプに比べれば、ほとんど何もやっていないような気がします。

残る作業はACアダプタ接続端子の取り付けだけです。
ACアダプタとその端子の調達はMKIさんにお願いしているので、部品待ちとなります。
もう進められる作業がありません。

背面のイラスト、
スピーカー端子のせいで、もうほとんどスペースがありません。
ACアダプタのジャック挿入口も底板をザクってスペースを確保している有様です。

背面スピーカー端子上に排気スリットを設けました。
底面の基盤下から吸気して背面から排気になる構造です。
熱的にまずいようなら天板を再設計いたします。

グレープアンプの完成も間近です。

ボリュームダイヤル

20231029105946516.jpeg




ボリュームダイヤル、どうしよう?
ボリューム本体は基盤実装なので、当然そのまま使います。

ギザギザのある軸径はφ6.0mm。
どうやら汎用規格のようで、いろいろボリュームダイヤルがあります。
ところが、この基盤は前面配置のRCA端子との干渉のため、φ25以下のノブ(ダイヤル)しか合いません。

ノブは要らないとか以前ぬかしていながら、舌の根も乾かないうちに変更です。
まあ、ノブはあった方がいいよね。
秋月電子通商でポチりました。

優柔不断の3種買いです。

1 プラ 黒 15mm径 ¥20
ちょっと貧弱だがシンプルな形。表示も見やすくつまみやすい。

2 プラ つば付き黒 20mm径 ¥30
つば付きで根元を大きく隠すクラシックな形。つばのせいで大きく見えるがつまむ部分の径は少し細い。

3 金属製 13.7mm径 ¥310
回り留めのローレットビスも付いていて抜けることもなく、アルミの削り出しで品質は一番いい。
また、メインスイッチもシルバーなのでデザイン的にも合う。
でも、表示は見辛い上に少し短かくてつまみにくい。

まあ、それぞれ一長一短です。

ノブ(ダイヤル)がこんなに安いとは衝撃的です。
安さにつられて、危うく、それぞれ2個ずつ注文してしまうところでした。
いざとなれば3Dプリンタで作ればいいと思っていた自分を殴りたい。
この品質をこの値段で自作するのは全く不可能です。

どれを使うかは、アンプが完成しないと決められません。
同時に通気確保のためのゴム足も注文しました。

アンプ作りってこういうパーツ選びが楽しいな。
ノブ選びは嬉しい悩みになりそうです。





と思っていたんですよ。
試しにと付けてみたら外れなくなりました。
無理に外そうとすると基盤が壊れそうです。

という訳で 2のつば付き黒ノブ 30円 
に自動的に決定しました。

02 | 2024/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR