スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステレオ誌コンテスト2


ステレオ誌3位ステレオ賞


3位は平野さん「PRIZM(プリズム)」。

三角柱の上端をシャープにカットしたダブルバスレフです。
スピーカーとは思えない形で、現代的な商空間にマッチしそうです。
実物は奥行きが薄いという印象でした。

上向きのユニットのおかげか音場感がいいです。
後ろの方に楽器が来ますね。
軽めであっさりしたボーカルなのはグランプリ作品と似ますが、
オーケストラでは厚い低音が展開されて迫力があります。
中低音もグランプリに似てやや薄めですが、
高音の伸びを感じます。
こういうデザインに優れたスピーカーデザインなら、
沢山作って家庭に置いても非難が出なさそうです。


ステレオ賞、杉本さん「C-P800」。

ピアノブラックのきれいな塗装です。
角は落としていますが見た目は真四角の箱なので、会場では猛烈に地味でした。
容量からバスレフかと思っていましたが、ダブルバスレフです。

音でならグランプリだと思いました。
つややかなきれいなギターを聴かせます。
どちらかと言うと情緒的な鳴り方でソースを選ばない感じです。
レンジが上下に非常に広く、レベルが低い帯域がありません。
このP800は低音はかなり下まで伸びるのに、中低音が薄くなりやすく、
低音の繋がりが難しいユニットのようですが、この機体は絶妙です。
低音もキレと量感をうまく両立し、レベルも十分です。

他の機体ではとりきれていないP800特有の中高音のクセも感じさせません。
トランジェントも全域で中庸にそろっています。

音場、定位共に良好なためSN比がいいイメージでアンプを代えたかの違いがありました。
13cmぐらいのPPコーンのようなしっとりしたクセのない音です。
どうしてこんなに違うんでしょう?
塗装のおかげ?

ちなみにスピーカースタンドも含めて作品です。

スピーカーっていろいろ分かりません。

スポンサーサイト
09 | 2011/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。