fc2ブログ

ケースデザイン

20231024194751574.jpeg




Grapeさんからいただいた
「グレープアンプ(仮称)」
制作が何となく始まってしまいました。

基盤の特徴は、とにかくオール・イン・ワン。
RCAとボリューム、ヒートシンクが実装されているので、
部品点数が少なくて済みます。

RCA端子が正面に付いており、フロントの穴開けは精度が要ります。
実際、ケース付きで売っているTDA7498チップのアンプではそこを避けて、
上下をアクリル板でサンドイッチしただけのお手軽なものが散見されました。

「グレープアンプ」では6面はしっかり囲んだ上で、コンパクトなアンプを目指します。

基盤の固定穴の一つはそばの2Pディップスイッチがジャマで、そこだけは下部スリーブサイズを小型にする必要があります。
基盤左右には入出力接続は来ないので、左右はスリムにできます。

また、ボリュームは下部にフロント側への突起があり、
フロントパネル内側にそのザクリがないと、RCA端子が奥に引っ込んでしまうというシビアさがあります。

電源レバースイッチはフツーに前面に配置したい。
ボリュームと対称位置に電源レバーを置きたかったのですが、
購入したELPAスイッチがデカくて
キレイな対称デザインにはなりませんでした。

リアは電源端子とスピーカー端子のみです。
電源端子サイズが分からないけど、デカ穴を空けておけばいいかな。
ヒューズは躯体内部に納まる予定です。

ヒートシンクは基盤上部に平らに載っているので、効果的な導気は難しい。
発熱は多いという説もあれば、少ないという意見もあります。
基盤下部から背面上部に空気が抜けるような穴を開けることとしました。
ケース下部の通風確保のために足は必須になります。

「向井アンプ」で大騒ぎしたLEDは内臓します。
ええ、内臓です。
内臓すると、ケース全体がぼんやり明るくなることは実験済みです。
コレでもう、眩しいなんて言わせません!
常備灯にもなるぞ!たぶん。

スポンサーサイト



09 | 2023/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR