スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PARCサウンド鑑賞会その10

HIPPO.jpg


会も佳境に入ってきました。
10番手はMr.Hippoさん、Dream One Artist。
13cmポリプロピレンフルレンジをミッドバスにした2ウェイです。
ツイーターは同じPARC製のDCU-T111Sです。

お写真で見るより小型の印象です。
イスに座るとユニットは耳よりかなり下に来ます。
石ころで上向きに!と思ったらコルクのようです。

ツキ板仕上げは一流です。
資料によるとウーハー部の容量は12リットルで、長い矩体の下には砂が入れられています。
1本30kgらしいので多分今回の重量王です。

ネットワークはきめ細やかな調整がなされており、この会に向けて更なる微調整が行われたとのことです。

ボーカルがポンと前に出てきます。
中音レベルが高いのではなく、分解能に優れているのでしょう。
でも全体に重心が低い印象の音です。
低音はムリをしていない自然なイメージですが、
ウッドベースの震えが感じられるほどリアルな低音です。
サックスがゆったり聞こえる余裕ある鳴り方で歪みの無さが分かります。

持参CDはまず混声合唱です。
余計な付帯音がなく、ホールの余韻を見事に伝えます。
音場感、定位共に非常に良好です。
ご本人も後で解説されていましたが、声楽の合間の鳥のさえずりのリアルさにはびっくりしました。
上の階で本当に鳥が鳴いているのかと思いました。

切れのある音ですが、刺激的な所は全くありません。
アタック音の再生も優秀です。
なかなか表現が難しいのですが、ソフトなモニターっぽいと言えばいいのでしょうか、
非常に高分解能で繊細な音で軽やかに音楽を楽しめます。
特定の帯域が音をマスクすることもありません。
音質も全帯域で乱れがなく、クセも全く感じません。

ピアノもホールの余韻をよく伝え、コンサート会場にいるみたいな気になります。
いや、コンサートでもこんなにベストな位置には座れません。

クロスは2.5KHz。ツイーターにかなりのお仕事をさせています。
PPコーンの優秀も目立ちますが、このツイーターもよく考えたらすごいワイドレンジです。

こってりとか重厚とかたっぷりとかそういう形容詞は似合わない機体です。
派手な部分もありません。
高度なネットワーク技術を駆使して現れる音はさりげなく、しかし、洗練されています。
例えて言えば懐石料理みたいなスピーカーです。
よけい分からないか…。

音質でこれをしのぐ市販品はそうはないでしょう。
自作スピーカーの頂はこんなにも高いものだったのか…。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

Hippoです。過分なお褒めにあずかり恐縮です。それにしてもケイさんは沢山の出品SPKの音を詳細にレポートされていて、一体どうやって覚えているのですか?メモを取っていた様子もないし。すごーい!
所で今回はPARCファンとしてユニットの優秀さを徹底的に出して見ようと根性入れました。私は決して耳が良い訳ではありませんが、とにかくひつこく確認して、良く分からない物は採用しない、という事の積み重ねでやりました。PARC代表も執念とひつこさは人に負けないとおっしゃっていましたが、私も負けてない(?)です。PARCホームページのユーザーコーナーに載せていただいたこのSPKのレポートもしつこく確認した内容なので、音作りのノウハウとして利用していただければ幸いです。
それからPARCのユーザーレポートに追加レポートをupしていただきましたが、ダクトの防振についてです。未確認情報として追記しましたが、PARC代表によればやはり防振は重要で、低音が増強されるとの事でした。重低音が出ないのに低音感がしっかり出ていたのは、この防振処理も効いています。

No title

Mr.Hippoさん、こんばんは。

最初はアラを探そうと聴いていましたが、鳥のさえずりでもう音楽にひきこまれました。
脱帽の音です。
多分、Mr.Hippoさんと同じことをしてもこの音は出ないのでしょうね。
一つ一つネガをつぶしていった執念が感じられる音でした。

箱を鳴らすと擬似的な音場は良くなりますが、この機体はハードに固めていったという事ですね。
中庸なトランジェントやピークの無さでハード系にも聞こえないし、
かといって箱を鳴らしているような低音でもないし、不思議に思っていました。

ええと、メモは取っていますよ。
でもこれはメモなしでもよく覚えていました。
機体も全機種一応スケッチはしています。

No title

>箱を鳴らすと擬似的な音場は良くなりますが、この機体はハードに固めていったという事ですね。中庸なトランジェントやピークの無さでハード系にも聞こえないし、かといって箱を鳴らしているような低音でもないし、不思議に思っていました。

そおなんです!これが正攻法の”軽い音”(とHippoが思い込んでいるだけかも知れませんが)なんです!!富宅さんは”音離れの良い音”と言っていますが、同じ意味だと勝手に解釈しています。

No title

ケイさんMr.Hippoさん
お久しぶりです!
実は私もHippoさんの音出し始めは
一生懸命アラ探しをしていました。
でも、しばらくして、こりゃ~困った!
ってな感じで、奏でる音楽に脱帽でしたね!
motymoさんといい、Hippoさんといい、その後に音出しする私の気持ちを
考えていただきたい!ってなぁあ気分でした。
先ほど、ユーザーコーナーも見ました!
また、打ち上げの時にみんなで楽しく
苦労話などお聞きしたいですネ

No title

Mr. Hippo さん、おはようございます。
「音離れのいい音」という言葉がPARCさんのHPには頻繁に出てきますが、今一つよく分かっていませんでした。
こういうことだったんですね。
単純な「分解能」とはややニュアンスが違うことが分かりました。

ひでじさん、
最初はアラを探すよね~。
でも今回の鑑賞会作品は皆さんレベルが高いです。
奇抜な機体こそありませんでしたが、「これはちょっと…。」というのも皆無でした。
あ、自分の…。
また、お話したいですね。

No title

ケイさんひでじさん今晩は。打ち上げの時は苦労話したいですね。

”軽い音”の件は、口で説明するのがホントに難しいです。真空管ラジオ時代のSPKは能率重視のために軽い振動板が多かったので、結果的に軽い音の物が多かったと思われ、骨董品を珍重される方は、この点に惚れ込んでいるのではと推察します。残念ながらレンジが狭くて現代のHiFiには難しい訳ですが、最近の特に低能率SPKでは反対に軽さ感が失われてしまったようです。でもってPARCが凄いとHippoが騒いでいるのは、現代のワイドレンジSPKでありながら、かつ軽さを兼ね備えている点なんです。

この件は、低音がどうとか高音がどうとか言った議論とはかなり異質でとっつきにくい話なので、残念ながらほとんど話題になる事がありません。でも一度気が付いてしまうと戻れない世界でもあります。ここではきりがなくなってしまうので、ご関心があれば打ち上げの時にでもお話ししたいと思います。

No title

Mr. Hippo さん、

「軽い音」というのはなかなか伝え難いですね。
測定器にも出ないでしょうし、アンプもかなりの能力を必要とするでしょうから、体験できた人の方が稀でしょう。
レンジに代わる新しい指標となればいいのですが。

昔の高能率スピーカーをハイスピードっていう言い方をした時期があったことを思い出しました。
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。