スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PARCサウンド鑑賞会その12

ケンさん


12番目、ラストはケンさん。
17cmポリプロピレンコアキシャルユニットです。
正方形で大きなバッフルに奥行きが薄いエンクロージャーです。
昔はこういう奥行きの薄いスピーカーがメーカー品で沢山あったように思います。
でも、ど真ん中にバスレフダクトがあるスピーカーは初めて見ました。

不思議な仕上げに見えたのは壁紙の模様です。
なぜにこんな模様???
私はてっきり、昔のオーレックスSS-L8SやソニーのG7のように、
バッフル面の反射をコントロールする凸凹があるのかと思っていたら平面でした。

電気の達人らしく凝ったネットワークと手作りアンプで音出しです。

まず、音場感がいいです。マラカスが右の端の空中にあります。
箱を積極的に鳴らすため、ゆったりとした聴きやすい音です。
ややウェットな情緒的な鳴り方です。
でも大バッフルのせいかサックスが鳴ると低音がややマスクされる気がします。

ところがゆったりだけでなく金管楽器が実に金属的によく鳴ります。
かける曲によってソフトなようでいてハードな面も垣間見えます。
う~ん、とらえどころが難しいスピーカーです。

ケンさんみたいに電気が強くなりたい…。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

 こちらにも試聴感想UPありがとうございます。
 まあ今回も変な形で、いつも実験作のようなもので皆さんのような完成度の高いものにはなりそうもありません。
 正面の壁紙はいいものが無くて、インパクトのある模様のがたまた手元にあったものを流用したまでとかなりイイカゲンです。
 スピーカはやはり個性が出るので、やはり一度皆さんのお宅で聞かせていただける機会があると良いですね。もしOKの方があればご招待いただけるとうれしいです。

No title

ケンさん、こんにちは。
会場ではいろいろと質問にお答えいただきまして、ありがとうございました。
言いたい放題ですみません。
箱を鳴かせる作り方を最近始めたので、参考になりました。
壁紙はインパクト大でしたね。

No title

ケンさんのコアキシャルpp
広い会場用にセットしてきたということですが、
たぶん、ぶっつけ本番で挑んでも、ちゃんと鳴っているのですから
凄いですよね!
バッフル形状、大きさ、補強、ダクト位置、調整、張り紙、etc
全部ひっくるめて
まとまっているのでしょうね

No title

ひでじさん、
電気の達人は皆さんまとめるのがうまい気がします。
ポリプロピレンの良さを引き出していましたね。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。