吸音材を変える

吸音材変更


できることからコツコツと。

振動板の動きが悪いのはエンクロージャー内の空気スティフネフが大きすぎるのではないか、
つまり吸音材入れすぎ疑惑。
片チャンネルの裏板を外して振動板を指で押してみると、硬さが違います。
でも普通の密閉型と比べては分かりません。

アコースティック・エア・サスペンションの中でもこれほど吸音材をギュウ詰めにしたスピーカーはないでしょう。
吸音材の入っていない空間はありません。
しかも粗毛フェルト正確にカットして積み重ねてある層が2/3ぐらいあります。
座布団にできるぐらいです。

まずは軽く抜いてみます。
ユニットの後ろに2リットルぐらいの空間ができました。
1/3抜いただけでも取り外した吸音材の山ができます。

音出しです。

おお、中高音のキラキラが出ています。
あれほど悪かった音場感がやや改善です。
これは良い傾向です。

調子に乗ってさらに抜いてみます。
フワフワした化繊を全て抜いて2重にしたフェルトを全ての内壁につけます。
ユニットの後ろの空間は6リットルに増えました。

音場感はさらにいいです。やっと中ぐらいのレベルですけど。
定位は抜群ですね。
高域もクセもなく伸びています。
ただ、以前との比較であって、もう一伸びが欲しいところです。
低音は緩く、ソフトによってはかなりダメです。
かと思うと、すごくいい雰囲気に鳴るソフトもあります。

フワフワ化繊が低音に効いているのかな?
今はフェルトだけだからなあ。
吸音材調整はまだ余地がありそうです。

DCU-131Aはアコースティック・エア・サスペンションとして使うには、
ユニットスティフネフが大きすぎるユニットのようです。
低音の質は吸音材ギュウ詰めの方に分がありましたので、
エッジやダンパがもっと柔らかいものか、マグネットが超強力だったら良かったのになあと思いました。
PARC代表の言葉通り密閉型は向いていないみたいですね。

でも、あきらめませんよ。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

久しぶりです。
ネットワークと吸音材出し入れ、音を極めるって「むずい!」ですね。
密閉BOXは吸音材の入れ方、種類で出てくる音は無限に変わります。
ビクターSX3の吸音材は、フェールトタイプで何重にも折りたたんでありました。バスレフはBOX内に貼り付けてあるのが多いのですが、SX3はうまい事、入れ込んでありました。多少空間がありました。
出した吸音材は、1ぺア分で40Lのゴミ袋パンパン状態です。

挑戦がんばって下さい。私は、バスレフの究極(?)PARC17cmにパシップを使ってみようかと考えています。考えるだけはタダ(笑)

では、また。失礼します。

No title

hot-jazz さん、こんばんは。

フルレンジだけでもまともにしておかないと、ツイーターの出番はなさそうです。
低音以外は今の状態がいいのですが、低音が絶望的にダメでした。
ユニットの素性が密閉型に合わないのが如実に発露しています。
低音とそれ以外が両立できる案配をこれから探っていきます。

hot-jazz さんの新型も気になります。
パッシブはパッシブラジエターですか?
お金がかかりそうな感じですね。

No title

パシップラジエターは考えて居るだけで、まだ購入の予約だけしています。肝心のお金の算段が出来てないのが現状です(笑)
バスレフ、Wバスレフ、BHなど、ダクトや最終開口からの、中、高域、の漏れがパシップなら、克服できるかな~と思った次第です。
漏れの「もやもや」は違う方法でも、実験しようと思ってます(ないしょ、)

PARCのユニットは意外とマグネットも大きく、密閉には?かも・・・
SX3のウーハーのマグネット意外と小さいです。これで良くそこそこの低音でるなーとウーハーユニット見て思いました。

では、失礼します。

No title

hot-jazz さん、おはようございます。
ユニット代が倍かかるので、自作では最近パッシブラジエターは見ない気がしますね。
昔はテクニクスの安いドロンコーンセットにずいぶんお世話になりました。
今、売り出せばウケると思うのですが。
hot-jazz さんの完成が楽しみです。
現在K-N1はハイ上がりのくせに高域が寂しいという困ったことになっています。
低音も再調整が必要です。とほほ。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR