スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その8

古館さんです。
集まれ塩ビ管sp古館

いよいよステレオ誌SPコンテストグランプリ作品の登場です。
TQWT、4分の1波長共鳴管です。
適度にしまった伸びのいい良質の低音です。
ピアノの美しさもユニットの特性を生かしてます。
高音の伸びはやはりP650では辛い感じもしますが、非常に雑味のないすっきりとした高音域です。
こういう綺麗な高音がでるP650のSPはあまりありませんでした。
あ、ステレオ誌の本戦は私も行ってきたんですよ。
抜群のまとまりです。さすがグランプリ。

共鳴管型は低音の伸びにメリットがあると思っていましたが、高音域のゆがみ感の低減が全体の質の高さにつながっている気がします。
それってこのユニットだけの特徴でしょうか?それとも共鳴管の常識なのでしょうか?
パワーを入れるとややムリが感じられるところはやっぱりP650でした。

15分で3作品なのであわただしいです。
赤いヤツです。JSP方式です。
ややハイ上がりですがこれもピアノが綺麗でベースの歯切れもいいです。
定位、音場共に良好です。

細長いのです。「スピーカー再生技術研究会」でも聴かせていただいた同軸2ウェイのMCAP方式です。
女性ボーカルを美しく奏でるスピーカーです。
低音の一部にディップというかレベルの低いところがある感じがします。
あ、あくまで感じですけど。
でも好きだな~。

古館さんの作品はどれもキラキラした女性ボーカルが綺麗です。
チューニングで追い込むからか似たような音の傾向があります。
ちゃんと自分のカラーが出るなんてすごい…。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ケイさん、ご紹介ありがとうございます、

やはりケイさん、耳が良いですね。的確な指摘、恐れ入ります。
ちょっと褒めすぎの感も有りますが、ほぼ私の感じていた印象と同じです。

TQWTは重低音は始めから諦めて60Hz程度に共振周波数を取って、箱の剛性を上げたのが良かったのかなと分析しています。

JSPはポートのチューニングのみで箱は作りっぱなし(12mmのラワンのまま)で補強も全くしていませんが、ハイ上がりなのはユニットの特性によっるところが大きいと思います。

MCAPはネットワークの調整が不十分で5~6kHz付近にピークが有り、それから上も若干レベルが高いのですが、キラキラ感はその辺が原因かも知れません。

私は低域はエンクロージャーの特性による物が大きいと思いますが、高域はユニット依存が殆んどだと思っています。
勿論、低域特性がが変わると高域の印象も変わりますが基本的にはユニットの特性に左右されます。
低域特性は耳と測定器で追い込みますが、全体の音質をチューニングにより追い込むなんて芸当は残念ながら技術も耳も有りません >_<;

No title

古館さん、
こんにちは。
試聴させていただきありがとうございました。
好きなことを言ってすみません。
高音はユニットですか。なるほど。
今から考えると3つとも方式が違うオールラウンドさもすごいことですね。

No title

ケイさん、辛口のコメントの方が参考になります。
オールラウンドといえば聞こえは良いですが、オリジナリティーが無い真似っこです。
良いアイデアを頂戴して工夫する日本人気質丸出しですね ^^;

No title

古館さん、
うひゃー、か、辛口ですか。
すみません。素人のタワゴトですのでお許しください。

No title

ケイさん、全然辛口とは思っていませんよ!
ただ褒めるだけのコメントより感じた通りに欠点も含めて正直に表現して貰った方が参考になるという意味で辛口という言葉を使いましたが、適切じゃなかったですね。

No title

古館さん、
>全然辛口とは思っていませんよ!
ちょっと、ホッとしました。
このような会に参加させていただき本当に感謝しております。
音の好き嫌いは自分自身であるのですが、いい音って何だろ?
っていうのがよく分からないので、そういう勉強をしようと思ったのが参加のきっかけなんです。
ですから、主観のみで制作者さんが不快に思うような発言は慎まないといけないですね。
ありがとうございます。
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。