スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピ再技研その1

スピ再技研鈴木会長


中野ゼロにて「スピーカー再生技術研究会」第2回オフ会です。
皆さんがスピーカーを持ち寄って聴き合います。

前回は四角いスピーカーが多かったのに、今回はヘンテコな形ばかりで、
色を塗るのが難しそうだったので白黒イラストです。
先に謝っておきます。すみません。

トップバッターは我らが鈴木会長。
「タモリ倶楽部」で紹介されたMCAP-CR型です。

その姿に驚きます。まずまともなスピーカーには見えません。
1本でステレオです。

初めに鳴らしたオルガンがしっかり鳴っているのに驚きます。
透き通るような音色で奥行き感が出ています。
ミサ曲はやや軽いですがいい雰囲気があります。
歪みが少ないので、もう少しパワーを入れたいと思いました。

ポップス系は中高音にややクセを感じましたが明るくハリがあります。
重心が高い感じもしますが、基本フラットです。

幾多郎ライブもクセを感じる音色ですが、これは音源そのままっぽいです。
エンヤはエコー成分が多いせいか低音の分離が少し悪く感じました。

総じて言うと、外観と音のギャップが激しいです。
ワイドレンジで明るい音色は生き生きと音楽を奏でます。
インパクト音も鋭く、量感は少ないものの低域にもワイドです。
MCAP-CR型の底力を垣間見ました。

2本で聴きたかったです。
個人で使う最大の問題は外観と設置面積の広さかな。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。
発表も有難うございました。
どのようなイラストになるか楽しみでした。
形を整えるために電線で吊っている姿は涙ぐましかったのですが、そのあたりは細かすぎましたね。
不安定なのは、倒れても事故にならないサイズと重量なので単なる手抜きです。
2本使用は無理ですね。正直言って自分も要らないです。次回どこかで鳴らしたら捨てようと思っています。見た目と音とのギャップだけが売りの作品です。誰か欲しそうな人知りませんか?

No title

鈴木さん、
会の主催、本当にお疲れ様でした。
楽しい会をありがとうございました。

イラストはこんなのですみません。
複雑なあの容姿の特異さをお伝えできたか自信がありません。
棄てるのはもったいないので、
共鳴管実験のベースにされてはいかがでしょうか。

今、気付いたのですが、何であんなに足が長いんでしょう?

No title

足が長いのは、最初は出窓に置いて邪魔になりにくいぎりぎりの高さにしました。
しかし、不安定ですね。もう作りませんが改良するなら脚を何とかしたいですね。ボトルをくっつけていたテープも傷んでいました。実験用途にしかならないものです。共鳴管の実験機はホースでつくろうと思っています。
ケイさんもご協力有難う御座いました。

No title

鈴木さん、
おはようございます。
足が長い理由が分かりました。
痛んでしまったのは残念です。
共鳴管とMCAP-CRをその場で切り替えて試聴できたらいいなあと、
わがままなことを考えておりました。
来年も開催を願っております。
ありがとうございました。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。