スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピ再技研その2

スピ再技研katou1


二番手は加藤さん、TUTU-800です。
筒型スピーカーの達人なので楽しみです。

ユニットはステレオ誌の付録P-800です。
自分以外のP-800を使った機体を聴くのは初めてなので違いが気になります。

ダブルバスレフの開口部をリングダクトにして、
リングダクト内部にスパイラル構造を入れる凝った作りです。

トランペットの金属っぽさがよく出ています。
トランジェントは全域で良好でベースも弾けるようです。

レンジは広く、低音の量感とキレがいいバランスです。
一方、高域の伸びは今ひとつに感じましたが、ソフトを代えると華やかな感じです。

振動板がひどく動いているのが見えて心臓に悪いです。
そうこう聴いているうちに、右チャンネルの音がだんだん悪くなっている感じです。
同じ曲のCDとSACDの聞き比べの時にはかなり悪化してきていて、
聞き比べもやや苦しい感じでした。
パワーの入れすぎでしょうか。

ダクト内部のスパイラル「有り」「なし」を聞き比べると、スパイラル「有り」の方が、
締まった低音で好みでした。
ただ、「なし」の方がなぜか落ち着いた音色にも感じるので好みでしょうね。

P-800がこんなにハイスピードでワイドレンジだとは初めての経験です。
音出しになったら勝負にならないと痛感いたしました。
TUTU-800は目立つクセもなくナチュラルでまとまりがすばらしいです。

改めて感じるのは塩ビ管スピーカーの素性の良さです。
これはひどいっていうのに当たったことがないどころか、
この1年の経験では、ほとんど全てすばらしい音を出していました。

今回、着座位置が悪かったのか、この機種に限らず、
他の機種も定位についてはよく分かりませんでした。
会場のせいかな?


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。