スピ再技研その4

スピ再技研imai


三番手は今井さん。
スピーカー再生技術研究会の名にふさわしい研究レポ&公開実験です。

レポートの内容は鈴木会長の公開資料をご覧いただきたいのですが、
ざっくばらんにまとめると、
密閉型よりバスレフ型の方が20Hz~100Hzまでの音圧が高く、
過渡特性は密閉型の方がやや優れるというものでした。

何となく巷で言われていたことを実際に確かめてみる姿勢に感動しました。
これぞ科学!



公開実験はやや変わっています。
強制的に周波数特性をフラットにした時のそうでない時の試聴実験です。

つまり、F特を電気的に無理矢理フラットかつワイドにしたら、本当に音がいいのか?
という確認です。
後に控える金子さんのスピーカーを使って実験開始です。

矯正フラットは低音が緩いです。
音になっていない音圧が気持ち悪いです。
低音は12dBも上げているそうです。
高音かえって苦しい感じです。

電気的に何もしない方が、自然に音楽を聴けます。

いい経験させていただきました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

お世話さまになりました

ケイさん

 オフ会ではお世話様になりました。

 次回のオフ会用スピーカーの制作を開始しました。現有の12cmフルレンジを2ウエイにリニューアルしています。イコライザーを使わずに「良い音特性」に近づけています。低音部分の調整は80%終わりました。先日コイズミ無線から購入した、ツィッターが届きましたので高音の調整を開始します。最後に低音と高音をあわせて最終調整の予定です。

 クロスオーバーはF特を測定しながら定めていますが、変則的なものになりそうです。また、ネットワークのコイルも測定しながら自作しました。

 検討の内容をレポートにまとめながらスピーカーの制作を行っています。

今後ともよろしくお願い致します。

    今井 明

No title

今井さん、おはようございます。
もう次回用のスピーカーを作っていらっしゃるとは、
すごく早いですね。
しかも低音部が80%!
えっ、コイルも自作!
いろいろとすごいです。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR