スピ再技研その5

スピ再技研金子さん


今井さんの実験台になったのが金子さんのスピーカーだったので、
順番を変えて、お次はそのまま金子さんです。

密閉型にヘルムホルツ共鳴器をつなげて低音を増強するという新方式の密閉型です。

密閉型をいろいろいじくっている私としましてもすごく気になる機体です。

外観は2つのスピーカーを縦につなげたような形です。
長さを変えた4本のダクトが下の4つの副気室にそれぞれつながっています。

イコライザーなしでの感想になります。
ポリプロピレンらしいしっとりしたボーカルを聴かせます。
ベースは量感重視であまりレンジは伸びていない感じです。
トランジェントも緩めに感じます。

中低音に何か妙な響きをがある感じがして、オーケストラ等がしっくりしません。
吸音材で取り除けそうな感じの響きです。
副気室には吸音材が入っていませんでしたが、
第1気室はどうだったのか今となっては分かりません。

何と、最後に副気室を分離してくれました。
4本のダクトがついた変形バスレフ状態で音出しです。

こっちのほうがすっきりした音に感じます。
粒立ちがいいというか…。

この新方式密閉はまだまだ発展の余地がある方式だと思います。
ヘルムホルツ共鳴周波数方程式と密閉型方程式をうまく誰か合体してくれないかなあ。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ケイさん、こんばんは。
いつもながら、絵心あふれるイラストと的確な音質の表現ですね。

第1気室には天板と斜板に吸音材(綿)を少量使っています。
広い会場で大振幅で鳴らしたので歪みが大きくなりました。
この方式の最適条件は不明なので、改良の余地はおおいにあります。低音の周波数特性を平坦にできればいいと思っています。

No title

Kanekoさん、おはようございます。

お褒めいただきありがとうございます。

あ、吸音材は入っていたのですね。失礼いたしました。
この方式にはすごく期待しております。
これからも密閉型を聴かせてください。

No title

ケイさんの感じ方は、下記のカノン5Dさんと逆なのですね。

http://blog.goo.ne.jp/4g1g4g0/e/3bf256941f281a635e7849af4ee18e69

いろいろな感じ方があって興味深いです。

私は、高域の美しさが印象的でした。低域は無理せずに、サブウーファーと組合せると無理なくいい音になると思います。

No title

鈴木さん、おはようございます。
カノン5Dさんのブログは拝見しておりました。
真逆というよりは、低音の好みの違いが大きいのかなと思います。
副気室の有無により中音から高音にかけても変化が出るのが意外でもあり、勉強になった試みでした。
ただ、緩めの低音側で中高音がマスクされただけという可能性もあるので、
もう少し聞き込まないと分からないです。
今回は管径が細くて副気室をドライブしきれなかったのではないかと推測しました。
パラメーターを絞ってデータを集めると大化けする方式ではないかとワクワクしています。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR