スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピ再技研その11

スピ再技研takahashi


お次は若手のホープ高橋さんです。
Isobrik方式に新型のダブルバスレフを組み合わせています。
Isobrik方式ってタンデム方式のことですね。

ダブルバスレフは両方の気室がほぼ同体積のFOSTEX方式です。
更にコンデンサーも併用したPST回路を組み込んでいます。

ユニットはダブルコーンのややチープな外観です。
初めて見るユニットです。
お話をうかがうと「太鼓の達人」に使われているユニットだそうな。

いろいろ技術のてんこ盛りです。
外見も凝ったエンクロージャーでツートンカラーが美しい機体です。

「太鼓の達人」の割には下のレンジはあまり伸びていない感じがします。
しかし、量感はあります。
ダブルコーンが効いているのかボーカルは明るめでポンと前に出てきます。

リボンの騎士がかかってびっくりです。
私なんかはなつかしいのですが、高橋さんお若いのに不思議な選曲です。

PST有り無し比較では、
有りの方が帯域バランスはいいものの、低音の質ではない方がいいと感じました。
痛し痒しです。
PST回路を組み込んだ機体は常にこのジレンマに悩むような気がします。

いろいろ聴いていると、なんだかSPレコードを聴いているフィーリングです。
あ、悪い意味ではありません。

でも、ユニットの素性があまり良くない感じもしたので、
ユニットを代えて聴いてみたいスピーカーでした。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

オフ会以来ご無沙汰しています。高橋です。
イラスト描いていただいて嬉しいです。
(しかも、フルカラー!)

今回のオフ会では、生まれて初めて自作SPを発表しましたが、家で調整した音と全く違っていたのが、本当に驚きでした。
嫌な汗がたらたら出ました・・・。

リボンの騎士をかけた理由は、私が唯一持っているBlu-SpecCDだったためです。(前川陽子が好きだから、というのも理由ですが)

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%8F%B2-%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC-I-%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E4%B8%BB%E9%A1%8C%E6%AD%8C/dp/B003RECEP0

No title

高橋さん、おはようございます。
「ツートンのカラーがきれい」とイラストに描いてしまったので、
塗らない訳にはきかなくなってしまいました(笑)。
同じCDにジャングル大帝も入っていたのですね。
男性ボーカル代表としてかけて欲しかったなあ。
また、お会いしましょう。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。