スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穴を追加

穴追加


暇つぶしにK-N1をいろいろいじっています。
チューニングとも言えないレベルのいじり方です。

裏板に穴を空けて良い感じになってきたので、
調子に乗って穴を追加です。

ドリルを使うのもめんどうなので、
裏板のネジの一部を外してみました。
鬼目ナットなので、内部まで穴はつながっています。

ほとんど変化がありません。
気のせいか中音の分解能がよくなったような…。
穴からは空気の動きが感じれられません。
耳をくっつけるとわずかに音は漏れているようです。

更に段階的に吸音材を抜いてみました。
15mmフェルト2重+化繊充填でしたが、
化繊を取り除いてみます。
中音がやや元気になった感がありますが、低音は変わらないです。

2重のフェルトをシングルに減らしてみます。
更に中音が華やかな感じです。
聴き方によっては荒れた感じにも聞こえそうですが、元気があってよろしい。
低音のしまりの無さはあいかわずですが、倍音、倍々音の立ち上がりが良くなったせいか、
分離感が向上しています。

全体的にはやや活発な印象に変わりました。
どちらかと言えば以前より好みです。
ただ、冷静に試聴すると、低音の質は良くないし高音の伸びもイマイチです。

密閉型に小さな穴を空けるとどうなることかと思っていましたが、
ほとんど変化なしです。
かなり意外でした。
このまま穴を増やしていくとどこかのラインで低音レベルが下がると思われますが、
今のところは悪影響は感じられません。

それとも径に対して長い小さな穴は特殊な動作をするのでしょうか?

極端な例をイメージしていると、
バスレフダクトにストローの束をつっこんでチューニングやり方を思い出しました。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは!
本日、真空管フェアーで、試聴している人がケイさんにそっくりな
帽子を被っていた人が居たので、てっきり声をかけそうになったら、
全然違う人でした。寸どまりでヨカッタ
ところで、
K-N1は密閉型だったのでは.....
小さな穴を沢山開けたら、後方開放型になるのか?
まぁ
実験と言う事でいいのかな?(爆)

No title

ひでじさん、おはようございます。

寸止めでよかったですね(笑)。
PARCの新ユニットを聴きたいのですが、ちょっと時間が作れませんでした。

元々は確かに密閉、それもサブチャンバー付きの特殊密閉だったのですが、
PARC代表のお言葉通り、密閉型には合わないユニットだということが
体験できました。
かといってバスレフにするのもくやしいいので、悪あがき中です。
このユニットで言えば、空気もれって言うほど気にしなくても大丈夫な気がします。

長さ20cmぐらいの小さな穴をたくさんあけた裏板を作る計画は立ててましたが、
ただ今保留中です。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。