スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステレオ誌コンテスト1

ステレオ誌1位2位


ステレオ誌のスピーカー自作コンテスト本戦に行ってきました。
会場は神楽坂の音楽の友ホール。
駅から迷子になったのはないしょです。

全応募数212,本戦出場35、受賞12作品という結果でした。

受賞作品を中心にご紹介いたします。
なお、作品に関するコメントはあくまでケイの主観ですので、
信用なさらないようにお願いいたします。


グランプリは能勢さん「pius P800」。

ダブルバスレフの美しい機体です。
どうやって作ったのか不思議なほど見事な曲面です。
音はというと、批判されるのを承知で書くと、
通常デモで聴いた時にバスレフがボーボーしているな、という感想を持ちました。

グランプリ受賞後に離れた距離で聴いてみると、ボーボーは言っていませんでした。あれ?
でも妙にあっさりした音です。コクがないというか…。
下のレンジはすごく伸ばしているようなのですが、中低域のレベルが低く、
低音との繋がりが悪い感じです。
高域はあまり伸びていないフィーリングです。
かといって中域も前にでる元気さがありません。
中高域は立ち上がりが良いのですが、低域はソフトな音です。
金管楽器はいい響きでした。

箱が硬くて小さいとこんな音になるような気がしますがどうなんでしょう?
他のダブルバスレフ作品とはかなり異なるクールな音質でした。



準グランプリ、瀬口さん「NEWS 3tb」

反射コーンを使った音場型ダブルバスレフです。
MDF積層の反射コーンの仕上げの美しさにうっとりです。
これもごく近くで聴けました。
音場は後ろにさーっと広がります。
低音レベルが高く、オーケストラのフォルテシモも迫力がります。
ウッドベースのキレの良く、中域からの低音の繋がりもいい感じです。

同じ会場にあった反射コーン音場型のSPも同じ傾向でしたが、
高域の減衰が激しく、トランジェントの低下も目立ちます。
それでいてユニット由来の高音のクセが感じられます。
そんな訳で低音の良さに比べ高域が寂しかったです。
反射コーンタイプはツイーター使用で生きるやり方なのかなと思いました。
P800がこのやり方に向かないユニットかもしれません。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

 のせです。本人です。カンカンに怒ってます-ウソです(笑)
率直な感想有り難うございます。コクがない、というのは僕も感じたところです。でも、床置きで最初に音出しをした時は逆に濃すぎる音で慌てました。セッティングを選ぶのかも知れませんね。後は周波数特性ですが、45Hzから出始めて、100Hzあたりに少しピークがあるのを除けば50Hz~15kHzは10dBの幅に収まっていました。ただ、音量を下げると50Hz~100Hzの間にディップが出てきます。
 元々が「できるだけユニットの音を色付けせず、ダブルバスレフでサブウーファー的に低域を追加する」という考えで作っています。なので、考えた通りに動作はしているようです。一方で、「考えた通りに動作するとこんな音がするんだな」と鳴らしてみて初めて分かった次第です。自分がこの音が好きになれるかどうかは、これからです。
 というわけで、実は私はかなりの初心者です。素敵なイラストと共に、また参考となるお話を楽しみにしています。

No title

のせさん、

グランプリ受賞おめでとうございます。
美しい機体はつい触りたくなってしまう程でした。
周波数特性と聴感って一致しないものなんですね。
スピーカーを試聴するにはやはり向かない部屋だと再確認できました。

中域のピークが強調されるスピーカーが多い中、
素直な中高域だなとは思いました。やはり箱の形が効いているのだと感心すると共に、加工技術の高さに驚きました。

>私はかなりの初心者です。
え!そ、そうなんですか。
とてもそんな風には…。

偉そうにいろいろ書いてごめんなさい。
素人の思いこみだということでお許し下さい。
私もスピーカーはいろいろな方に教わっている最中です。
こちらこそいろいろご教授お願いいたします。
どこかでお会いいたしましょう。

No title

ケイさん、コメント有り難うございます。

>偉そうにいろいろ書いてごめんなさい。
とんでもない!良いも悪いも含めて、率直な感想が一番嬉しいです。それに、ケイさんの感想は自分の感想ともかなり共通していましたよ。

>とてもそんな風には…。
いえ、本当です。少し作っては、どうしたらイメージした形に作る事ができるか、考え込む時間がとても長かったです。

自分もブログを書いています。オーディオを話題にしたことはなかったのですが、今回は設計の段階から後日談まで書いてみようかと思っています。エントリーシートや中身の画像なども載せようかと思っています。

それでは、また。

No title

のせさん、おはようございます。
そう、おっしゃっていただけると気が楽になります。
>ブログ
オーディオ記事が載るようになったらアドレスを教えてください。
どんなすごい技術が飛び出してくるか楽しみです。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。