スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステレオ誌コンテスト3

ステレオ誌特別賞



特別賞は2点。
タダモノでないスピーカーに贈られる賞だと解釈しています。

まず、高橋さん親子による「ウサギスピーカー」

モコモコです。
表面は長い毛足のファーに覆われています。
音を聴くときはお面を外すようにできています。
単なるキワモノかと思うと、さにあらず。
耳がダクトになっており、ダブルバスレフの効果で低音レベルはなかなかです。

高音の表面反射がないせいか、見た目と同じソフトな音です。
音離れもよく、遠くで鳴っている雰囲気があります。
例の中音のクセも感じませんでした。



そしてもう一つは鈴木さん「コンビネーション・ホーン・スピーカー」

規定サイズギリギリの巨大さで、見る者を圧倒します。
こりゃ、すごい、すごいよ、すごすぎる。
見学者の皆さん、あぜんとしてました。

8cmユニットにこれだけの情熱が傾けられるのは正にマニアの名にふさわしいです。
あ、去年の作品と同じ名前ですね。
2,7mのバックロードホーンです。

音はというとややクセの感じる音でした。
ユニット由来のピークが強調されているようで、どのソースもその音色が乗ってきます。
低音はかなり下まで伸びてオいてーケストラのティンパニもいいです。
巨大なホーンを1ユニットで駆動できています。
パワーを入れた状態で聴いてみたかったです。
ただ、量感重視のセッティングのようで、超ライブなホールとあいまって
ボアボアした感じだったのが残念でした。



「何か賞をあげなければ。」
そう考えた審査員の気持ちがすごく分かる2作品でした。







スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。