ステレオ誌コンテスト5

ステレオ誌fostex賞他


FOSTEX賞とグッドデザイン賞です。

FOSTEX賞は松尾さん「ラウンドフォルムスピーカー」。
2.8リットルの小型バスレフです。
コンテスト会場で見ると超小型と言ってもいいぐらいです。

低音はムリをせず、中音がしっかりしています。
例の中音ピークは目立たず、フルートがきれいです。
ややソフトな鳴り方でしょうか。

白木のシンプルなデザインは北欧家具のようです。
組み木かと思ったら、板材を交互に組み合わせて作ったようです。
有る意味、手作り感が見られないスピーカーで、正直欲しいと思いました。
寝室の枕元にいいですね。

特別審査員のFOSTEX社佐藤さんの、
「ユニット設計者として、作って欲しかったのはこういうスピーカーなんです。」
という講評が印象的でした。



グッドデザイン賞は加藤さん「PLATONIC12」
正12面体に1ユニットのバスレフです。

定在波の影響がない箱なのに、こちらはクセがあります。
ボーカルにも同じものが乗ってきます。
意外にレンジは広く、フルートがきれいです。
トランジェントは非常に良好で、ややもするとシンバルがきつく感じるほどです。
金管楽器は全体にいい響きで、特にサックスがいい感じでなりますね。

ボーカルの子音も強いフィーリングなので、高域に何かピークがあるのかもしれません。
吸音材を使ったのかどうかが非常に気になります。

正直言うとグッドデザイン賞というのには違和感があります。
正12面体にはデザインが入る要素が全くないからです。
また、最後の自作スピーカーコンテストでは同様コンセプトの作品が落選していました。
「木工技術賞」とかあればピッタリです。

加工技術はとても高いです。
合わせ目がまったく見えません。
どやって合わせ目の角度を削ったのか知りたいです。
欲を言えば、これに合ったスタンドも欲しかったなあ。





スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ラウンドフォルムは憧れますが、
どうラウンドするか?
悩みどころですよね。
これは、木を組み合わせて
丸の子か何かで形を整えて
最後はカンナ等で仕上げたんですかね?
凄すぎます

No title

ひでじさん、
ラウンドフォルムにはあこがれます。
これは板材を組み合わせてからカンナとヤスリで仕上げたそうです。
小さな作品なので、ガッツがあれば出来ると思うのですが、
そのガッツがねえ…。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR