スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再始動



K-N1改造計画


ツインホーンはひとまず放置します。
音響レンズを作るとぬかしておきまがら、舌の根も乾かないうちに前言撤回です。
音出し中のイコライザーの振動がかなりあるので、
音響レンズもこうなっちゃうのかな、という一種のビビリです。

また、これはスピーカーのせいか分からないのですが、
このスピーカーではソフトによって位相が変に感じるのです。
特にビートルズなんて変ですが、ビルエヴァンスなんか逆にいいのです。
このあたりも解決しないとやや気持ち悪いのです。
ネットワークが悪さをしているかもしれません。

さて、お次の材料は例のK-N1です。
アコースティックエアサスペンションを現代風に復活したかったのですが、
失敗でした。

方法論としては低音側をネットワークで見かけ上伸ばして、
高域のピークはノッチフィルタでごまかすというものでした。

今出ている音は…。
かなりいただけません。
「PARCオーディオ鑑賞会」の時のはまだネットワークが違っていたのでマシなのですが、
低域はレベルは十分なもののボアボアしてしまりがありません。
特にこのピークに関する音作りはキャラが激変するので難しいですね。
勉強になりました。

PARC オーディオ代表も言っていたように、密閉には向いていないユニットのようです。
素直にバスレフで再挑戦です。

バスレフっていうのが苦手なのは、あのダクト調整がダメなのよ…。
いろいろなダクトを比較試聴して冷静に分析する、っていうのができる自信がありません。
感性の勝負というか能力を試されているような気すらします。

でも折角買ったユニットをムダにはしたくありません。
今回は裏板を加工すればなんとかなりそうなので、
エンクロージャーも再利用します。

エンクロージャー容積をかせぐためにダクトは外付けになります。
バスレフの共鳴管の実験もできそうです。

spedの計算によるとΦ50のダクトでいいのですが、
汎用性をもたせるために塩ビ管の規格を確認しないと裏板の穴が開けられません。
お正月明けにホームセンター詣出です。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは!
初コメ今年もヨロシクです。
K-N1 ついにアコースティックエアサスペンションあきらめ
バフレフで仕切りなおしになりましたか?
ケイさんには
最後まで密閉にこだわぅて欲しかった
なんて、後ろ髪を引っ張るのはこれ位にして、
バフレフも自分もまだまだ判らない事だらけですが
調整していて楽しいですよ!

No title

ひでじさん、
私の実力ではDCU-131Aを密閉では使いこなせませんでした。
ダクトは取り外して調整できるようにはするのですが、
バスレフ調整はかなり不安です。
ひでじさんみたいにうまくいくといいのですが…。
今年もよろしくご指導お願いいたします。
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。