スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダクトを作る

だくと3兄弟


K-N1はバスレフにするので、spedで事前に計算してみました。
内径45mmで見た目フラットなのは長さ13cm49Hzでした。
保険の意味でさらに長短5cmのダクトも作りました。
筒は手持ちのボイド管で、MDFのフレームを付けました。

でも実は一番期待しているのが、短いヤツです。
というのもDCU-131Aは7Kのピークは有名ですが、
低域も50HZに小さな山があります。
55HZ付近にダクト共振をもってくるとちょうど低域の谷が埋まる感じです。

PARCオーディオの推奨箱の大きい方をspedで計算するとダクト共振が56Hzです。
今回短いのは59Hzなのでちょっと違うのですが、まあ、いいでしょう。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。