スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた穴

ギコギコ


問題は低音不足です。
この赤パークミニことDCU-F102WのSPL特性図は200Hzからダラ下がり、
fゼロは138Hzなので、まさにそんな音なのです。
しかし、あの赤パークの弟ならばこんな実力ではないはずです。

箱がまた合わないのでしょうか。
回し引きノコギリか…。

箱はダブルバスレフで開けられる部分はありません。
外部に面している第2ポートぐらいしか、いじりようがありません。
その第2ポートも固定式で作ってあります。
現在あるポートは塞いで、新たに大きいポートを空けてみましょう。

ダクトも新規に作るとメンドいのでK-N1のものを拝借します。

ダクト外形サイズに合うように、φ70の穴を回し引きで空けました。
ランバーコアはやっぱり楽です。
ダクト固定用につめ付きナットを内部に打ち込みます。
古いダクトにはギュウギュウに布をつめました。
ダクトを付ける前にこの状態で試聴です。

おお出る。出るぞ低音が。
でもボーボー言ってます。
量感だけです。
ダメだな。

ダクトはまずφ45長さ75mmをいってみます。
「だくと3兄弟」の末っ子です。
音出しです。
量感がかなり後退してスッキリしています。
例のスネアドラムもOKです。
でも、ちょっと低音が薄いかな。
バスレフでいうところの中抜けみたいで、ダクトが長いフィーリングです。

ちょっと悩んで、ダクトを切ることにしました。
K-N1は次男のダクトで確定なので、三男には用がありません。
とりあえず2cm切って55mmにしてみました。

蒸着っ!

音出しです。
ん、これはいいんでないかい。
量感が多いけど伸びもなかなかです。
大して低くない音も重々しく再生しています。
好みで言えばもうちょっと軽い低音が好みですが、悪くはありません。
第1ダクトも大きくしたいところですが、これはムリなので諦めます。
とりあえずOKです。

やっと「フルメタルバッフル」を越えるレンジを獲得できました。
このユニットはダクト調整のスイートスポットがやけに狭い感じです。
やれやれです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。