スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨匠宅訪問4

大山さん試作2way


大山さんの試作2Wayです。

持ってみると…。
とんでもなく重いです。
18mmバーチ材のせいなのか、ウーハーFW-168HRのせいなのか、
油断すると腰にくる重さです。

80年代に流行ったようなバッフルギリギリのウーハーサイズで懐かしい感じです。
奥行きも現代の基準ではやや浅めで、容量は15リットルぐらいでしょうか。
16cmウーハーにしては小さめの感じです。
白いボンドがはみ出ていたりプロトタイプらしさがプンプンします。
外見ではないのだよ。音だけで勝負っ!って雰囲気です。

裏を見ると四角いやや小さめの長いダクトです。
40hzぐらいのチューニングとのことでした。

ツイーターはフォステクス自慢のマグネシウムです。
ユニット代だけですごいことになっているスピーカーです。

スタンドは音工房Zの「Z102」?
高品質さが伝わってきます。

音出しです。
まず、バスドラムの低音の伸びに驚きました。
16cmってこんなに低音が出るものなんですね。
初めはKenbeさんのサブウーハーが同時に鳴っているのかと思いましたが、
チャンネルデバイダーの先のヤマハアンプはオフでした。
ムリにダクトで伸ばした低音ではなく中低域もやせていません。
粒立ちもよくすばらしい低域です。
箱の剛性も負けていません。

Kenbeさんとの共同チューニングは主にネットワークです。
ウーハーとツイーターとの繋がりのベスト位置を探しています。
木彫Ⅴ改との聞き比べです。

単独で試作2Wayを聴いて、もう十分、十二分の音なのですが、
中域の荒さをどう取り除くかがクオリティを決定する。らしいです…。
聞き比べると、確かにちょっとボーカルがキツい部分もあるかなあ。

時々、私に意見を求められたりしますが、冷や汗が出ます。
というのも、Kenbeさんの試聴意見と同意できるのが半々ぐらいなのです。
まあ、正直に申し上げましたけど…。

はっきりと変化が分かったのは、とある設定で逆相接続にした時です。
それまでは大山機とKenbe機を聞き間違えるってことはなかったのですが、
その時は両機の違いがすぐには聞き分けられませんでした。
ボーカルの雰囲気がそっくりなため、どちらが鳴っているか分かりませんでした。
付帯音の少ないこの部屋だからこそ分かる変化なのかもしれません。

私はこの時点で残念ながら辞去いたしました。
純粋に音楽を楽しむのなら、ヘタに自作で泥沼にはまっているより、
こういったプロのチューニングしたスピーカーを買った方が幸せになれるなあ。



帰り道に渋滞にはまりながら、いろいろ考えます。
いやいや、泥沼が楽しかったりするよなあ。
泥沼を脱出すると達成感があります。
その先がまた泥沼だったりもしますが…。





スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ケイさん


ooyamaです。
長文にてスピーカー紹介していただきどうもありがとうございます。


168HRは巨匠も仰っておりましたが中低音の量感は
出やすいですね。すごく一般受けしやすい低音だと思いました。


巨匠の部屋は大音量を出せるのもありますが、音の変化
は良い場合も悪い場合も本当に分かりやすくてスピーカービルダーに
とってはまさに聖地ですよね!


ケイさんのスピーカーも今度聞かせてくださいね。



No title

ooyamaさん、

試作段階なのにブログ許可ありがとうございます。
セッティングに立ち会えて本当にいい経験ができました。
ブログにあるように、あの箱容量であの低音に驚きました。
最終的なデザインも含め完成を心待ちにしております。

今後マイSPが出没する予定は、「PARCオーディオ鑑賞会」4/29
「スピーカー再生技術研究会」「集まれ塩ビ管スピーカーオフ会」。
また、お会いできることを楽しみにしております。

No title

ooyamaさん、
「PARCサウンド鑑賞会」は4/28でした。
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。