スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨匠宅訪問5

木彫Ⅴ改


Kenbeさんのメインスピーカーです。
これは2010年10月に行われたフォステクススピーカーコンテストの優秀賞受賞、
「木彫Ⅴ」の改良版の3WAYです。

ミッドとローにそれぞれリアダクトがついています。
以前はさらにスーパーローがありましたが、今は板でふさがれています。

大まかな印象では情緒的に鳴るタイプでソースを美しく再生します。
当然ながら超ワイドレンジです。
特徴的なのは音にキツいところが全くない点です。
高音をぼかした聞きやすさとは一線を画した高密度高情報量でかつ聴きやすさがあります。
トランジェントも過激に鋭い感じではなく、いい意味で中庸です。
この部屋でこのシステムでボーッと音楽を聴いていられたらシアワセ~。

そのままでも十分すぎる低音ですが、
フルレンジを使ったサブウーハーを追加すると、地震の地鳴りのようなライブがリアルです。
このFE-208ESを使ったサブウーハーを単独で鳴らしてもらったところ、
全く音がしないのに驚きました。
時々モヤッとした振動を感じるだけです。
超低音以外の音漏れのないチャンネルデバイダーの威力を垣間見ました。

音場は普通に感じました。
定位は ?
試聴位置がシビアなのかもしれません。

いずれにせよ、自作スピーカーの到達点の一つでしょう。
もう一方の雄は松さんの「ASURA」。

音質でKenbe機、音場定位で松機が2大頂点かな。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ご紹介ありがとうございます。

生の音を意識すると、どうしても甘い感じの音作りになるようです。
生の音は、大音量にかかわらず煩く感じる事はなく、面の取れたような音は緩くなるわけでもなく、力強く聴こえて来ます。
そんな生音の再生を、絶対!不可能と思いつつ少しでも近づこうかと日々追い求めています。

No title

kenbeさん、こんばんは。
おじゃまさせていただき、ありがとうございました。
ブログに書けないお話も含め、大変勉強になりました。
kenbeさんのシステムを聴いた後では、自分のを聴くとガックリきます。
道のりは長いです。とほほ。
本日、中規模ホールでブラスバンドを聴いてきましたが、
オーディオでこの域まではムリって思いました。
昔、オーケストラとカーテン越しにオーディオシステムと入れ替えて、
観客にばれなかったというテストがあったらしいですが、
眉唾っぽく感じてしまいます。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。