シャアが来た2

シャアspのみの原図 1

たてちゅうさんのシャアを聴かせていただくのは2度目です。

最初は横浜で実施された「集まれ塩ビ管スピーカー」のオフ会です。
その時はレンジがあまり広くない印象でした。
P650のユニットそのままのバランス重視の帯域に感じました。

さて、その時からの変更は、足が長くなってダブルバスレフの開口エリアが広くなっています。その効果が気になります。
横浜でもあまり低音は出ていないかなと思っていました。

ところが…。

シャアは非常に繊細でキレがあり音の粒立ちが抜群です。
音場もスーッと奥に広がります。もちろん定位も抜群です。
薄いと思っていた低音は、中低音の音圧が低く量感も少なめに設定されているので、低音が少ないと感じてしまいましたが、よくよくいろいろなソースで聴いてみると、かなり下まで低音が伸びているのが分かります。
ダブルバスレフの力ですね。

でも感覚的には200Hzぐらいから徐々に下がる密閉型の特性に近いです。
高音側も塩ビ管の剛性が高いためかトランジェントが良く、音場評表現の良さの一因となっています。

「モニタースピーカーみたいだな。」

ギターの弦を擦る音も正確に再生してきます。カミソリのような切れ味です。
まあ、でもちょっと聴き疲れするタイプの音かもしれません。

ただ、ストリングスにクセのあるカラーが少し乗ってくるせいで、透明感のある高音というイメージではありません。
ユニット特性にある5Kぐらいの山がそのままスピーカーの特性になっているものと思われます。

シンフォニーは耐入力の低さからやはり辛いですが、ボーカルが爽やかにサラッと鳴ります。
さすがFostexコンテストの入賞作品です。

ボール対ザクの対決、ザクの圧勝でした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ケイさん、お褒めの言葉ありがとうございます。
褒め過ぎですよ~。(^_^;)
横浜の時は、ダクトチューンは40Hzと欲張っていましたが
オフ会の皆さんの感想を参考にした改良で、60Hz位にしました。


No title

たてちゅうさん、こんばんは。
絶対値的な評価ではなくて、あくまでも私のGAN-9との比較です。
ですが、こんなにワイドレンジだったかなという驚きがありました。
高域の繊細さが魅力的なSPです。
5Kのクセと中低音の量感が良ければ完璧でした。

No title

横浜の時はもう少し低音寄りでした。
なかなか難しいですね!

No title

たてちゅうさん、
横浜の時とウチでは環境が違いすぎるので本当の比較にはなっていませんが、低音より高音の伸びの違いを感じました。
気のせいかな?

No title

横浜の時の設定は低音寄りの設定だったので
そのように聞こえると思います。
(先日、RGシャアザクガンプラ組み終わりました!)

No title

おお、RG!
私も欲しいと思っていました。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR