スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピ再技研その8

石田ケンさん

7番手はケンさんこと石田さん。
アンプの達人の方です。

今時珍しい薄型スピーカーです。
正方形のバッフルも珍しいですね。
変な波模様の壁紙がバッフルに貼ってあってインパクト大です。
ユニットはPARC製17cmコアキシャルです。

フロントに端子が2組あってバイアンプ駆動になります。

音出しです。
穏やかで品のいい音です。
ゆったり鳴っていますが、低音のキレが侮れません。
ボーカルが非常になめらかに聞こえます。
トランジェントはいい意味で抑え気味でポリプロピレン振動板らしいフィーリング。
PARC製品らしく中域はスピーカーの全面に定位します。

聴いているとこちらもリラックスしてきて眠くなってきます。

実はPARCオーディオ鑑賞会で一度聴かせていただいた機体です。
その時よりも低域の分解能が上がって締まりがいいように感じましたが、
石田さんによるとアンプ以外は何も変えていないとのことでした。

コアキシャルユニットってそこそこ鳴らすのは簡単だけど、しっかり調整するのが難しいっていうイメージでしたが、
ここまでの高みに到達できるのいう驚きの実例でした。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

 基本的にはスピーカは変えていません。低域のインピーダンス補正のパーツ交換ぐらいかな。
 やはり部屋の違いとかバイアンプが効いていたのかもしれませんね。このコアキシャルは中々良くできたユニットです。ディスコンなのが残念。

No title

ケンさん、こんばんは。
アンプと部屋の違いでしょうか、すごく良かったです。
このコアキシャルはすごくいいユニットだと私も思います。
素人は素人なりに端正な音が出るし、達人が料理すると一段上の音が出るユニットだけにディスコンは残念ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。