スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピ再技研その9

大沢さん

ラストは大沢さん「まこちゃんMPR-2」。
白黒ツートンの多重共鳴管式です。
第1気室にバスレフポートが2つあってそれぞれに共鳴管があるMCAP型の発展系です。

形が特異です。
共鳴管なので縦長なのは分かるのですが、ユニット下には四角い穴が背面まで貫通しているし、背面には袴のような衝立があります。
ユニットはステレオ誌おまけのスキャンピークですが、振動板にアルミシートが貼ってあって銀色です。

音出しです。
ドラムがリアルです。
音の立ち上がりがすごくいいです。
低音は伸びがあるもののベース音は分離が悪く聞こえます。
定位、音場はあまりいい感じがしません。
スピーカーの設置間隔が狭いのかもしれません。
高域は振動板が重いせいか控えめです。

お次はユニット交換です。
サブバッフルで簡単にユニットを交換できます。
ユニットはダイトーボイスの安いやつ。型番をうかがうのを忘れていました。
大沢さん、普段はこちらのユニットで音楽を楽しんでいらっしゃるようです。
一言で言うとマイルド。
トランジェントは中庸で高域は素直に減衰しているようです。
肝心の低音はやっぱり分離がイマイチに感じます。
特質すべきは中音域です。
非常にクリアで女性ボーカルがさわやかに出ます。
暴き立てるような音ではなく、穏やかに聴かせるスピーカーです。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ケイさん こんばんは

又イラストかいていただきありがとうございました 楽しみにしてました
低音域のボヤボヤはパイプ出口が床を向いたためかもしれません
(台しいてチョイ持ち上げると良かったか?)
後ろのほうで聞いていたお客さんからは全員そんな傾向あったようにも
聞きました 3回のオフ会でもっともライブな会場だったかもしれません
ところでPA屋さんの仕事って初めての会場で一発で音決めするのってすごいですよね
(追:ダイトーユニットはAR-7でした)

No title

おおさわさん、おはようございます。
遅くなりました。
絵で描くと改めて複雑な構造だったのが分かりました。
ユニット下の穴の役割がまだ分かりません。
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。