スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集まれ塩ビ管スピーカー2014その4

4 001
4番手はベテランKO球さん、
スキャンスピークの5cmです。
内部にもう1つユニットがあるというのでタンデム式かと思ったらケルトン式のようです。
リア下部にダクト開口部があります。

ケルトン型って私もいろいろ試したことがあるのですが、同口径同士だとイマイチメリットが少ないんですよね。
ボディも大型になるし。

ところがこのスピーカーはケルトン型としては極めて小型で、木目の美しい正統派ブックシェルフ型(死語か?)です。
本当にケルトン型?

発表スタートです。
小型の躯体だけに音場感と定位に優れます。
音像は小さくビシッと決まります。

ユニットの特性と思われますが、しっとりと落ち着いた音で聴き疲れしないような雰囲気です。
しかしややハイ落ちのような気もします。
中域はやや紙っぽいクセを感じましたがどうなんでしょう?

反面、5cmユニットとは思えない程低音はかなり伸びているように聞こえました。
いつも思うのですがKO球さんの造るSPって躯体の縦横比が美しいんですよね。
どこがどうと訊かれると困るのですが…。


もうひとつはタンバンのユニットを使ったやや小型のスピーカーです。
方式が分からないのですがバスレフ式でしょうか?
制作途中とのことで表面はMDFそのままのようです。
穴のテーパー加工がみごとです。

こちらはハイ落ちのように感じてレンジが上下に狭い印象をもちました。
オケのピアノは美しかったです。

双方とももっとじっくり聴きたかった作品でした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

KO球さんの箱はいつも美しいですね、ほれぼれします。

音も箱とおなじように均整が取れていて疲れない優しい音でした。
同じユニットが今回4人揃いましたが、音はそれぞれ全くと言って良いほど各人各様で面白いなぁ、と思います。

No title

私の作る箱は単純な形ですが、ケイさんのイラストの力で、味わい深く感じますね。

ケルトン方式の製作は今回の物で3種目ですが、1号機は前回のOFF会で発表したケルトン型ウーハー+MG850の密閉箱でした。

2号機まではウーハー単体として製作したのですが、一番大変だったのが、メイン箱との音のつながりです。

ケルトンと言っても、いくつかのバリエーションがありますが、今回の作品は、全く同じユニットを使用し、バスレフ箱部分も共有させることで、単純なバスレフ動作とし、音のつながりに違和感をなくしています。

内部ユニットの前面は密閉箱で塞いでますので、外のユニットの音に対して、低音は2倍の音圧になります。よって、ダクトの共振周波数も通常より低く取れます。そうしないとかぶりすぎますので。

1本当たりの容積は2Lしかないのですが、思い切って低い帯域まで引っ張りました。ただし、ダクトがΦ25のリアダクトですので、反射が必要でしたね。(汗)

No title

コニさん

ありがとうございます。

私は毎回コニさんの作品を、憧れをもって見ています。

No title

コニさん、
KO球さんの箱は本当にシンプルで美しいです。
さりげないテーパー加工もプロを感じさせますね。

KO球さん、
なるほどそういう方式でしたか。
このユニットを使った中では一番低域が下まで伸びていたように感じました。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。