スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集まれ塩ビ管スピーカー2014その5

5 001

5番手は更に超ベテランのコニさん「ミニクロ」。

超ちっちゃい黒い躯体です。
まさにミニクロ。
スキャンスピークの5cmユニットをユニークな方法でフローティングマウントしています。
何と、磁石の引力を使ってユニットをボディに押しつけています。
で、磁石同士は全くの非接触です。
本体とユニットの間には気密保持用のゲルパッキンがあります。。

これまた超ちっちゃいダクトが下部にあるバスレフ方式です。

さて発表開始です。
やはりサイズがサイズだけに低音の出は苦しいものがあります。
その代わりと言ってはなんですが、定位はものすごくいい。
ピアノの低音と高音の弦位置の違いが分かるほどです。

高域の伸びはまずまずで女性オペラもいい感じです。

中域の濁りが少なく、特に女性ボーカルの下の領域がすっきり鳴ります。
ボーカルが美しい。

この中低域のすっきり感はフローティングマウントの賜なのでしょうか。
それとも特殊構造の吸音材が効いているのでしょうか。

ライブ音源では高域は更に伸びているフィーリングで定位の良さもあってリアルです。

これ1台でこなせる領域が多く万能ですが、サブウーハーがあれば言うことないなあと思いました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ケイさん、こんばんは
いつもながらの素敵なイラスト付きのご紹介ありがとうございます。

会場ではプレイヤーに使ったハンディレコーダーMR-2の操作に不慣れで皆様に興ざめさせてしまいました。

音量も欲張り過ぎて歪み気味で小型の限界を感じました。
自宅で小音量で聴くには結構重宝しています。

低音がもう少し伸びれば良いのですが・・・大きくなってしまいます。

No title

不可能と思えるような事をやってのけるコニさんに脱帽です。

No title

コニさん、
今回の音像定位ナンバーワンでした。
小口径ならではのマウント方式もびっくりしました。
毎年コニさんの作品は楽しみです。来年もぜひ発表よろしくお願いいたします。

KO球さん、
同感です。
いつも創意工夫がすごくて頭が下がります。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。