スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集まれ塩ビ管スピーカー2014その6

6 001


昼食をはさんで6番手は古舘@横浜さん、
2WAY+サブウーハーのやや大型なシステムです。

初めて見るウーハーユニットです。
ベテランの方々に教えてもらうとフォステクスのユニットだそうです。
エッジレスという説明を聞いてよく見るとホントにエッジがない!
フレームが円筒状に出っ張っているのはそのせいなのでしょうね。

2WAYの方は見たことあるなあと思っていたら、
昨年度発表のものをリニューアルしたようです。
ツイーターには音響レンズがついています。
いつ見ても惚れ惚れする工作技術です。
あれ?バッフル下部にゲンコツが出てる…。

さて、発表開始です。
さすがにワイドレンジです。
マルチウェイの良さが光り中域の暴れが非常に少ない印象で、
ツイーターとのつながりも良好に感じます。

トランジェントはマイルドですがシンバルの定位はキチッと出ています。

厚みのあるボーカルなのに淀むところがなくすっきりと聴こえます。
サブウーハーの威力で低域の伸びは目を見張るものがあります。
密閉らしい重々しい低音です。

音場感が今ひとつのフィーリングのせいなのかもしれませんが、
リアルという方向性ではなく美しく音楽を聴かせるタイプだなという印象でした。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

いつもながら正確なイラスト付きの紹介をありがとうございます。

エッジレスウーファーはフォステクスになる前のフォスター電機時代の製品でした。(40年前で知らない人が多いのは当然ですね)

げんこつはサブウーファーとの繋がりを考慮してバスレフダクトを埋めたので、後で外せるように陶器製の引き出しの取っ手を付けました。

トランジェントはそれ程悪くないとは思うのですが、ハイレゾは古い曲、その他は圧縮音源だったのが原因かも知れません。

リアルさはその通りだと思います。余りHiFi(高忠実度)は目指してなく、自分の好みで作っています。(耳が悪いともいう ^^;)

No title

古舘@横浜さん、こんにちは。
会場ではお忙しそうであまりお話ができなかったのが残念でした。
密閉型のサブウーハーって意外に聴く機会がなかなかなかったのでよい経験ができました。
ありがとうございました。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。