木とスチロールのF特

P1000 バスレフ 14l 63Hz 木とスチロールのF特違い縮小

P1000、14リットルバスレフ 63HzダクトのF特です。
黒がMDF、
赤が発泡スチロールです。

ビミョーに違います。
いや、けっこう違います。
120Hz以下では発泡スチロールのレベルは5db程度MDFより低くなります。
高域も位相がずれたかのようなピークのずれがあります。

実際に音楽を試聴します。
MDFは端正な音です。
分解、トランジェントはどの音域でも中庸で破綻がありません。
いわゆるかまぼこのような音ですが、音離れはよく、音場感が良い印象です。
ベースラインの強さはユニット口径なりです。
φ30×50mmのダクトでは意外にも量感が勝った印象です。

発泡スチロールは一言でいうとにぎやかです。
中高域に何かキャラクターがのって明るい印象です。
パッと聴くとMDFよりいい印象です。
ところが、中域の女性ボーカルはやや荒れた感じ。
ベースラインも弱々しく分離もイマイチです。

困ったことに音量を上げるとビビります。
手で押さえたぐらいではおさまらない程のビビり方です。
しかも発泡スチロールのフタが勝手に開いてきます。


各々をRとLにつないで聴いてもボーカルは中央に定位します。
でも左右で音質が違うのが分かります。

いやあ、箱で違うものですねえ。
思った以上に発泡スチロールはエンクロージャーには向いていないような気がしてきました。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

発砲スチロールだけだと厳しいですか。
MDF+発泡スチロールのハイブリッドというのはどうでしょう?

No title

たてちゅうさん、
そちらはいかがでしょうか?
音量によりますが、発泡スチロールはMDFに音質では完敗だと思います。
ただ、明るい音質に変わる気もするのでそれをうまく使えれば利点があるかなあ。
あと、ダクトの試行錯誤はすっごく楽です。
今回も13パターン以上のトリプルバスレフを試すことができました。

ハイブリッドは考えたのですが、それならMDFで作った方が楽だったりします。
でもなんとか方策を考えます。

No title

私の方はあとは色塗りと書類作りですが、なかなか進みません。
お互い頑張りましょう!!

No title

たてちゅうさん、
はい、がんばりましょう。

スピーカー再生研究会オフ会で

9月21日のスピーカー再生研究会でお相手していただきましてありがとうございました。
発泡スチロールのスピーカーでびり付きも目立たず実用になるのには驚きました。
 
ブログ人 mimihanaです

付録スピーカーの記事はAudio parts Craft News
URlは http://audio-reblog.blogspot.jp/
で記事のアップを見ています。

今度は私の作品でオフ会に参加させていただこうかな思います

No title

mimihanaさん、
昨日はお疲れ様でした。
こちらこそお相手下さりありがとうございました。
mimihanaさんの発表が楽しみです。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR