スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017スピ再技研4



カノン5Dさん、「S-065」

共鳴管の折り返し音道の幅が開口部周波数にどう影響があるかという研究から作られたスピーカーです。
こういう基礎研究って大事だよね。

ユニットは例のムック本のFostexの方です。
フェイズプラグの付いたカッコいいデザインです。
ある意味Fostexらしからぬ外観です。

コンパネを活用した躯体は木の地色でツートンになっていて、なかなかオシャレな雰囲気です。

レンジのまとまりがよく、バランスが取れています。
全体的には軽い音質ですが、中低音の分離も良く、
ウッドベースはスッキリと階調が分かります。

これまた、Fostexらしくないのですが、
中音の荒れが少なく聴こえ、張りのあるボーカルが美しい。
フェイズプラグのおかげでしょうか。
例えは悪いのですが、歌謡曲を聴くのにピッタリだなと感じました。

後半はカノン5Dさんが代表を務めるAudiFillの「PR-83Sol」98,000円(ペア)
驚愕の分厚い檜のムク製エンクロージャーです。

一聴して感じたのは、「あ、Solだなあ」

ワイドレンジで爽やかな音質で、カーペンターズを美しく奏でていました。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2018/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。