fc2ブログ

2018スピ再技研8

2018101215030181d.jpg


八番手、穐山宗司さん、
「バッフルの振動を減衰させた多空気室バスレフシステム」(改善フィードバック)

ナラ材のバッフルが美しい機体です。
ダクト穴も全てルーター加工され、今回のオフ会で1.2位を争う仕上げレベルです。

2週間前のオフ会からの改良版です。
第1気室の穴を塞ぐだけなのに、わざわざ裏板を作り直しています。
手間のかけ方もすごい。
私だったらボロ切れを突っ込んで終わりにしてたかも…

ユニットはMark Audio Alpair6P。
お高いユニットです。

内部は4つの気室に別れていて、第4気室で2.3気室を連結。外部につながるダクトは2.3.4気室から計3本です。
隔壁も含めフローティングで連結させるという凝った構造です。

さて、音出しです。

全体的には軽い音です。
中音は滑らかでフルレンジ特有の荒れが少なく感じます。

低音は伸びはあるものの薄い印象です。
低音の音圧が少ないのにダンピングの悪さを感じます。

前回はオルガンは苦しかったものの、とても締まったドライな低音だったので、今回のゆるい低音はかなりの変化です。

別の曲ではベース音が電子音のようにも聴こえてしまったのですが、それはもともと電子音だったのかもしれません。

また、前回は付帯音の少ないナチュラルな中高音でしたが、今回は妙なクセが気になりました。
例えが悪くて申し訳ないのですが、AMラジオっぽいというか、拡声器っぽいというべきか…

勝手な想像ですが、第1気室の容量が少なすぎるのではないでしょうか?
資料の縦断面図では、ユニットから遠い気室ほど容積が大きくなっています。
躯体のコンパクトさから見ても、全体的にもう少し大きい方が良さそうに感じます。
前回は第1気室の外部ダクトから音圧漏れはあったものの、ユニット背圧も少なかったので、かえって振動板の動きが良かったのかもしれません。

あと、なぜかピアノの残響音に金属っぽい響きが乗ってきます。
ひょっとしたらソースかもしれませんが、それも少し気になりました。

今回、完調ではなかったのかもしれません。
小さめのユニットならエンクロージャーの性能を引き出せたかもしれません。


スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こういうシステムは、自分がよく聴く音楽ソースを聞かないと評価が難しいと思っています。
私はなかなかスムーズに出ているという印象がありました。フラットかどうかは、測定で分かりますが、音楽ソースも自分が知っているものならある程度推定可能で、逆に知らないソースだと全然分かりません。
ポップス系の音楽ソースだと、フラットかどうか全然分からないので、分からない部分が多いと思います。
このシステムは、空気室同士の結合が複雑で、解析は難しいですが、多自由度バスレフとしての特徴はうまく出ているのではないかと思います。私が思ったのは、複雑にすればするだけ癖が出にくくなるのかな?ということです。逆相成分が出てくるのは、好みがあえばいいスパイスになるし合わなければ消すことができるので、面白いアイディアだと思いました。

No title

Suzukiさん、
おっしゃる通り、ソースなのかシステムなのか迷うところがあって、いつも聴いている曲でないと厳密な判断はできないと思います。
逆相についても同感で、意図的に逆相を入れているな、というソフトもあるので、ケースバイケースかなと考えます。
04 | 2024/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR