FC2ブログ

乙Z終了?

20190308062533e40.jpeg


乙Zはいろいろ条件を変えて視聴を続けております。

右chがガサガサするなあと思ったら、
いきなり鳴らなくなりました。

また、アンプが不調なのかな?
それともデッキとの接続かなあ?

普段使いのアンプはボリュームがイマイチで、
小音量時には左右バランスが大きく崩れるクセがあります。

チェックしますが、
どっちもシロっぽい。

サブバッフルを外してユニットとコードの接続を見ますが、外れてはいません。

アンプから来ているスピーカーコードを外して、別のスピーカーに接続するとちゃんと鳴ります。

と言うことは右のシステムのどこかで断線が疑われます。

ユニットから外した配線をスピーカー内部からビヨーンと伸ばして、
そのまま他のスピーカーに接続しますが鳴りません。

と言うことは、スピーカー端子からユニットまでの配線のどこかで断線!

ユニット破損ではない。
アンプの保護リレーは作動していないので、
ショートも、考えづらい。
そうなると
一番疑われるのが、スピーカー端子の直裏。
ここが緩んで断線している可能性大です。
ここが緩んだら、
もう、破壊しない限りアクセス不能です。
バックロードホーンの泣き所です。

終わった。
乙Zプロジェクト終了。

ここが弱点だとは思っていたので、
ダブルのナットで締め付けて、
その後、エポキシ系接着剤で固めたのにこのザマです。

ん、そこまでやったのに普通緩むか?

ダメ元でユニット端子に接続される平ラグ端子をカシメてから再接続してみました。

音が出た。
直った。
どうやらユニットとコードを接合している平ラグ端子が緩かっただけのようです。

え、じゃあどうして、ユニットに来ているコードを他のスピーカーとつなげた時に音が出なかったのさ?

ううむ、分からん。

バックロードの場合はスピーカー端子の接続方法を通常と変えないと危ないな。
いやいや、変なことを工夫しなくとも、
ボルトタイプの端子を使わなければいいんだ。

スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

電線が通る小さな孔を箱に開けて配線を直出しして、外に配線端子を付けると、接続部分にアクセスできるので、こういう問題はありません。
電線を直接引き出すのに引き回す必要があるときはこんなのもありだと思います。
この場合、配線端子は一般用の安いのが使えます。

No title

Suzukiさん、
作ってみて、初めてそういうことの必要性に気付きました。
ホントに端子が外れたらアウトですよね。
10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR