fc2ブログ

トリプル石田の衝撃!

20220619162540c84.jpeg


ちまちまと部材を作っています。
といっても、作るのは3Dプリンタ様。

ホーンが2chで4本もあるややこしい構造にしたもんだから、
部材も二倍二倍!(ココ懐かしがること)

MDFとPLAのハイブリッドになるので、
その接続精度が大事なのですが、
CAD図面のようにはいかない。

ところで、3Dプリンタで使うPLAは1%以上の収縮があります。
安定して1%ならいいのだけど、
場所によってビミョーに違う!
それに加えてプリンタ本体の精度も怪しい。
もう8年も酷使してるから仕方がないかな。

そんなこんなで、出力された部材の修正が必要になってきます。
CADで直せるのは直して再出力。
それもダメな時はスキマを埋める部材を作って接着。
削るのは大変なので、
どうしてもダメな時は部材を足す方向で出力します。
足す部材もその都度調整。

オマケにマグカップ程度の大きさしかプリントできないから、
ものによっては2分割。

プラモ製作みたいなチマチマした作業ばっかりやってます。
あ、既視感。

ディアゴスチーニっぽいぞ。
一週間で一冊ずつ買って、一年で完成するヤツ。
実にチマチマしてました。
あれでスピーカー製作なんてどうでしょう?

ディアゴスチーニ
「1年で作るバッロードホーンスピーカー」
初回は何と490円!

監修は東西の石田さん両名。
エンクロージャー部品製作は大山さん。
後半の半年はアンプ製作、
コレまたアンプの石田隆さん監修。(ハンダコテ付)
何と、トリプル石田 さんと大山さん!
一部には熱狂的に歓迎されそうです。

でもまあ本心では、
もっとこう、そう、丸ノコやチェーンソー、ルーターなんかを使って、
ゴーカイにスピーカー製作といきたいもんです。
そして、漆やカシューの華麗なフィニッシュ!
そうして、発表の場では、
「さすがの工作技術ですね」
とか
「どうやってこの面を作ったんですか!」
なんて言われてみたい。

ところが現実は、
「よくこんなの作りましたね」
とか
「コレって、何か意味がありますか?」
って言われる(泣)

つづく

スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

プロデュースして見てはどうでしょう。クラファンで資金調達をすれば潜在需要の有る無しがはっきりするでしょうから在庫を抱えることも無くリスク回避出来るかもしれません。などとやったことも無い机上の空論を吹き込んで見ました^^;
大山さんのところってOEM供給ってしたりするんでしょうかね?数量限定なら儲かりはしないまでもあながち無謀な企画でもない様な気もしますが。

No title

muukuさん、こんにちは。
プロデュースってのは、人徳ゲージがフルな人じゃないとダメなような気がします。
私じゃムリポ。
そうだオーディオ評論家の石田善之さんならいい!
そうしたらクワトロ石田!

04 | 2024/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR