fc2ブログ

長岡鉄男

202206301600218a1.jpeg


最近、ガラにもなく図書館に定期的に通っております。
目的は絵本。
何も考えずに絵本を眺めていると、
寝ぼけた頭がさらにボーっとしてイイ!

唐突にスピーカーの話に戻りますが、
実は長岡鉄男って苦手でした。
中学の時から名前は知っていましたが、
銘機「スワン」との接触はトラウマレベル。

「なんじゃコリャ?」

当時、正直な感想がコレでした。
バッローデットホーンスピーカーは知ってましたよ。
自作で言ったら、コーラルのBETA大口径ダブルコーンを2発使いとか、あこがれました。

当時は、音場再生よりはF特重視の流れだったので、
バッフル効果を重視した奥行きの少ないブックシェルフ型がほとんどでした。
ついでに言うと、ユニットサイズも容積に対して異様に大きいのが当たり前でした。

そんな中「スワン」は衝撃的すぎなデザインでした。
だいたいユニットも小さすぎるし。
そう思って、実機を聴かなかったのがさらに痛い。
聴いていれば評価も変わっていたことでしょう。

図書館をボーっとしたついでに徘徊してたら、とある表題に目がいきました。

「長岡鉄男のスピーカー工作全図面集」
著者は長岡鉄男本人。

借りてきてしまいました。
巻頭言でのご本人の言が味わい深い。
こんなにたくさん作るつもりじゃなかったってのが笑えます。

その数、全155作。
長岡スピーカーって板取や機能性に特化したデザインなのでシンプル&無骨。
まさに頑固一徹。

虚飾なし、と思ったら、
人の顔型のバッフルで過入力で目玉のライトが光るっていうヘンテコSPがあったりします。

ユニットはフォステクスがメインですが、
テクニクスユニット使いも意外と多い。
レコード盤収納ラック型スピーカーも複数あり懐かしい。

早くに亡くなられたのが本当に惜しい。
もしご存命なら、今のオーディオの現状をよどう思っただろう?
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

バックロードホーンって性能以上に「ロマン」を感じるのは私だけでしょうか?何故か作って見たいと思わせる「何か(ロマン)」があります。
趣味は面白かったり、楽しいがあってなんぼのものですから後に続く人にそう思ってもらえる様な物を作れれば結果(音)は二の次と言うのも一つの答えなのかもしれません。

No title

muukuさん、こんにちは。

バックロードはいいですね。
実を言うと、バックロードだから音がいいと思ったことはありません。
ですが、匠のスピーカービルダー達が工夫を凝らした物には、
バックロードが多いと思っています。
長岡さんって、今のスピーカービルダーに今だに多大な影響を与えている偉大な存在ですね。
私はというと、多大な影響を与えた人から影響を受けたレベルかなあ。
それなりに同時代に生きていたのに、リアルに交流がなかったのが残念です。

No title

自分は基本的にBHしか作りませんが、
最初に作ったBHから独自の設計でした。
本当にBHづくりにはロマンがありますね。

長岡BHとしては、依頼でスワンを作ったり、
何台か調整したりしたことはありますが、使ったことはありません。
だって、不細工だから(汗)。
調整すればリファレンススピーカーと成ります。

自分は今でも長岡氏のBH計算式を使って設計しています。
そういう意味でも凄い人でした。


No title

アールefuさん、
こんにちは。

アールefuさんが
いまだに長岡計算式を使っているということは、
式の有効性は間違いないですね。

私のBH初製作は、
飯島徹「スピーカーシステムの自作」の
図面通りのものを作りました。

これからもアドバイス、お願いいたします。
01 | 2024/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR