fc2ブログ

202207071844551f3.jpeg





複雑すぎてイラストで表現できないので、
再度写真です。

やっとこさ3Dプリントの部材が作り終わりました。

色がバラバラなのは原材料のリールを交換したためです。
赤でプリントしたのはほぼ全滅。
青は壊滅で生き残りなし。
使える物が出力されるまで、
1kgのPLAを5本も使いました。

成功率約30%
驚異的な低歩留まり。

お次は木材のカット。
これはホームセンターにお任せするつもりです。

スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

凄い内部構造ですね。
僕には、とても真似が出来ません。

僕は昔、2つのユニットを使用してローをBHBS【100Hzカット】として、その上にフルレンジのシングルバスレフを組んだことがありました。
昔、F社でも空気室でシングルバスレフとBHの2系統の共鳴を持ったバックロード・バスレフを紹介していました。

興味がありましたが、今まで手付かずでいましたので、結果を楽しみにしています。

No title

Kenbeさん、こんにちは。

Kenbeさんも試してみたのですね。
F社の資料も調べてみます。
情報ありがとうございます。

自分でやっておいて、こう言うのは何なんですが、
バックロードとバスレフを接近させると、
低域がすごく暴れるイメージです。
視聴のスイートスポットが狭くなるのかな。
すごくいいポジションが見つかる可能性もあるかな?

あと、電気的にバスレフとバックロードを切り離せないので、
ちゃんとチューニング出来るかも自信がありません。

アホらしいことを一生懸命やるのが信条なので、
生暖かく見守ってください。

令和04年09月24日(土)中野ゼロでの「スピーカー再生技術研究会」オフ会に間に合うよう頑張ります。

No title

これは中身が見えないのはもったいないですね^^;
アクリル板でスケルトンにするともうそれだけで一つのオブジェとして成立しそうです。

No title

muukuさん、こんにちは。

ちょっとそれは考えました。
下半分はプリント部分がかなり見えます。
でも、ビミョーな隙間を、
接着剤で誤魔化そうと思っているので、
全面クリアはムリかなあ。
そもそもアクリル加工も全く自信ありません。
穴あけで破りそうです。

ワクワクしながら一気読みしています。
凄いことになってますね。3Dプリンタってコツや技術や、なにより根気がいりますよね。でも、イメージ的にまったく苦労が伝わらないという。
私には苦労と凄さが伝わっています(涙

jtさん、
何も苦労はしてません。
テキトーですので。
3Dプリンタにコツが要るなんて、
私も知らなかったよ。
03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR