fc2ブログ

グリル作った

20220727133047331.jpeg




スピーカーユニットを保護するアレ、
正式名は何なのでしょう?

布を張っているのはサランネット。
これは分かります。
金属やプラでできているハードなカバー、
アレ、何って言ったっけ?

今まで「グリル」って言ってたように思いますが、
よく考えたら変な名前です。
「グリルガード」?
「ユニットカバー」?
「ユニットガード」?
コレまたどれもイマイチです。

で、今日のお題はスピーカー保護カバーこと「グリル」
自作で作る人は少数派な気もします。
そもそもユニットに触らなければ破損もしないので、
サランネットですら作らない方が多数派でしょう。

改めて気づいたけど、
私はサランネットもグリルも作る派です。
サランネットの布地選びは妙に楽しいです。
グリルの場合は何も考えずに、
ユニット固定ネジに共じめしてました。
コレ、実はけっこう大変でした。

まず、当たり前なのですが、
穴がピッタリ合わないといけません。
実際は微調整での作り直しも多かったのです。

更に共じめする部分の強度も地味に問題あり。
皆さんご存知の通り、ユニットとバッフルの固定は強固なほどいいとされています。
まあ、コレは諸説あるので、
いろいろ試した結果、実はケースバイケースだと思っています。
とは言え、フォステクの技術者も言ってたように、
一般的にはキツくネジ止めした方がいいです。

グリルを共じめするとネジをキツく締めるのが難しいのです。
プラスチックなので、接合強度が弱い。

共じめ作戦は難易度が高いので、
もうヤメっ!
直接バッフルにネジこんじゃえ!
そうなると設計が超カンタン。
注意点があるとしたら、ユニットのXmaxだけ考えればOK。
ネジ留めも2箇所でイケる。

つう訳で作ってみました。
単なる棒一本でもいいかなとは思いましたが、
どうせ作るのは3Dプリンタさんなので、
曲線のデザインにしました。
棒線幅は4mm。

4mm幅なら視聴領域での反射の影響はありません。
つまり高域も回折する幅です。

でも精神衛生を考慮して
ユニット側は断面が丸くなるように造形しました。

問題は、
問題はデザインがしっくりこないこと。
縦でも横でもすごく変。

ま、いっか。




スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

グリルにユニットのガード以外の機能を持たせると言うのはどうでしょう。例えばフロントロードホーンとかどうでしょう。
バスレフバック&フロントロードともう何だたよく解らない物にはなりそうですが^^;

No title

muukuさん、こんにちは。

中域が弱かったらやろうかな。
フロントホーンもやったことがあるけど、
コントロールが難しい印象でした。
3Dプリンタの造形サイズを考えると、
4分割でもかなりのショートホーンになりそうです。
02 | 2024/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR