fc2ブログ

板を考える

20220824045248744.jpeg


懲りもせず今度は、
置いた板の面積を変えて、
間隙の違いで試聴してみました。
バックロード開口部の面積によってどう変わるか、です。

試聴ポイントは、量感と歯切れのバランス。
そして中域の混濁。
結果、パフッと置いた最初のが一番バランスがいい。
バックロードホーン開口部、約2/3を閉じた状態です。
偶然って怖いな。

板の有無でのF特を測定しました。
まずはバックロード開口部近接。
板有りの方は200〜300Hzの谷が顕著に深くなってます。
それ以上の帯域も板有りの方が音圧レベルが低い。
要は200Hz以上は板有りの音圧が低いです。
200Hzから下の帯域は板有り無しでの違いはありません。

20220824045322998.jpeg


大切なのは全体の軸上1mのF特です。
同様に赤が板有りで黒が板無し。
パッと見の大きな違いは60Hzの谷。
板を置くだけで10dB以上の改善。

「板スゲーな」

開口部近接F特ではここの部分は変わりがないのに、なんで改善するんだろ?
位相のねじれのせいかな?
分かる方、解説プリーズ!

細かく見ると、
500Hz以下は谷は浅く山は低い。
凸凹が穏やかになってます。
1kHz を超えるとこれが逆転して、
板無し方が穏やか。
でも試聴では板無しの方がキツい高音が出ます。
F特の凸凹と高域のクセに相関関係は薄いのかな?

板を置いただけで100Hz以下のレベル低下が穏やかになって、
再生帯域の下限が20Hz下がっていると言えます。

これほど効果があるのに、
なんでこの方式がメーカーレベルで発展しなかったんだろ?
それとも、私が知らないだけで、
とっくに市民権を得ている方式なのかしらん?
KenbeさんのBHBS方式はこの方式の完成形に見えます。

まあ、それでも今回の「バスレフバックロード」では、
オーディオ好きが納得するレベルの低音再生はできてません。
ただ、ユニット特有の中域の荒れた音質はかなり改善されて、
テーマの一つは達成できたように感じます。

欲を言うと、もう少し低音がちゃんと再生できて、
なおかつ締まりがいいと好みかな。
フルレンジではキツいけど、
高音もスッと伸びて欲しいな。

そうなると、別ユニットで設計し直した方が絶対楽だよなあ。
ロマンがあるかどうかは別だけど。

スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ことわざにに「百里を行く者は九十を半ばとす」と言うのがありますが自作スピーカーって音出しの時点が半ばなんですかね^^;
オフ会で最終形態を聴けることを楽しみにしております。

私の場合、調整する知識も技量もないので音出しの瞬間思ってたのと違うと膝を屈して諦めるのがパターンです(泣)
ただ作った以上はオフ会で皆さんの「ですよね~」と言う有言無言の空気を楽しむことで溜飲を下げることと二次会でネタにして貰えればOK。
作るの楽しいし机上や知識では無く経験を得ることが寛容だと思うことにしています。




No title

muukuさん、
こんにちは。

オフ会の方がよく鳴るってことは
あんまりないような気もします。
音量だけは出るけど、
小口径だとたかが知れてますね。

設計らしい設計を全然しないで作り始めるから、
こんなことになってます。

バスレフはまあ、
試聴しないことにはダクトは決定できないので、
今回、手間が膨大にかかっているのは、
バックロード部の見切り発車が全ての原因かと。

コレを試作箱にして、
各種パラメータを保持したまま
スタイリッシュなデザインで作り直すと
いいんだろうなあ。
しないけど。

No title

しないんかい~(笑)
ともあれMCAP-CR、BHBS、スリットバスレフ、BSBH?等、新しい発見とこの方式を探究したいと思えるものに出会えることは幸せなことなのかもしれませんね。
有限な時間の残された時間を何に使うか決めないといけないのかもしれません。

出来るか出来ないかでは無く、やりたいかやりたくないか、やるかやらないかを後悔のないように選択していくしかないのかもしれません。

No title

バスレフの方は全くしなかったなあ。

以前はspedでシミュレーションしてから作ってたんですよ。
更に古くは手計算。
でも設計通りには鳴ったことがない。
あるいは設計近く鳴っても、音質が許容外とか。
ダブル、トリプルバスレフも計3通りにはいきませんでした。
08 | 2023/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR