fc2ブログ

K-N1ドナドナ

20240104130150be1.jpeg



K-N1ドナドナ

ケイ史上最もコストをかけた機体、
K-N1をドナドナです。

何でこんなに高コストだったかと言うと、
まず板材が高い。
フィンランドバーチ。
しかも業者にカットしてもらいました。
このバーチ、謳い文句通りの高剛性、高密度。
無茶苦茶、重たい。
木口は隙間ゼロ。
でも、音に関してはちょっと分からない。
どちらかと言うと、ユニットのクセが増強されるような気もいたします。

さらにユニットも高かった。
DCU-131A(パークオーディオ)
13cmアルミコーンウーハーです。

さらにさらに、外付けネットワークのコイルも高かった。
確か、一つ1万円ぐらいしたような…
内部回路も、コイル2個、抵抗2個、コンデンサー1個。
これはノッチフィルタだったかな。
細かいパーツがボディブローのように効いてきます。

サランネットも音響用を買ったんだよな。
そんなに真面目になるなよって当時の自分に言ってやりたい。

演劇で活用したいとの団体代表にお譲りすることとなりました。
演劇って言ってもアングラやテントではなく、小規模室内です。多分。
それでも、演劇ってことは耐入力は要るよね。

それで、手持ちで一番入るのがこれだったのです。
改めて耐入力を確認しようと、
ブログ内で調べますが、
不思議なことに、ブログではこのユニットについて、触れておりません。

少ないネット情報から分かったのは
①インピーダンス:6Ω
②再生周波帯域:Fo~12K
③耐入力:40W

思ったより入らないな。
実際、聴いてみると、かなり能率が低くて、
PA っぽい使用には耐えられないかも知れません。

動作確認で配線しようと裏を見ると、
SP端子が2セットある。
ええと、どっちに繋げばいいんだっけ?
内部を確認すると、単なるパラレル端子。
外付けツィーターやら、外付け巨大ネットワークやら、
そんな増設用に端子を追加していたのでした。

よし、端子は回収しよう。
妙にケチ臭い発想で、
余計な端子を外しました。

空いた穴にはハンドルをつけようかと思いましたが、
お手軽に手持ちのネジをぶっ込みました。

終活は順調!
実は実物をまだ見てもらってません。
お見合いに失敗したら凹むな。

スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2024/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR