fc2ブログ

試作箱 とりあえず密閉型

20240328190128089.jpeg




逆相ケルトン試作箱がとりあえずできた。

全体が発泡スチロールなので、
ユニット取り付けのために
バッフル面に9mm厚のMDFを貼りました。
ちょうど手持ちで、いいのがあったよ。
端子もバッフル取り付け。

このパターンでいつも悩むのが、
板と発泡スチロールの接着剤。
何がいいんだろう?

理屈で考えると、揮発して硬化する接着剤はダメだよねえ。
でも、とりあえず手持ちの発泡スチロール用接着剤を使いました。
思いっきり揮発硬化性。

接着剤がちゃんと固まるか不安だったので、
1日置いてユニット取り付け。
ユニット取り付けは付属の木ネジ。
板厚が足りなくて、向こう側にネジが飛び出るけど、
発泡スチロールに刺さるだけだからいっか。

ここまでかかった箱制作コストは、
発泡スチロール代の660円のみ。
ユニット代がペアで2,970円(税込)だから、
こんなローコストでスゲー音が良かったらどうしよう……

ダクト調整のための試作箱だけど、
とりあえず密閉箱で鳴らしてみます。

スペック
 ユニット フォステクス M800
 エンクロージャー 発泡スチロール密閉型
 内容積 7.4リットル

比較的大きめの密閉箱なので、
素直な鳴り方をすると推察。
Q0が0.75なので、ちょうどいいのかも。

さて音出しです。

ん、音量がでないな。
能率が低い?
・出力音圧レベル:82.5dB(1m)
って書いてある。

ホントに音圧が低い。
別のスピーカーでは10時位置のボリュームですが、
コイツで同音量を出すには12時にしないとダメだ。

ゴムエッジだから能率が低い訳ではないと言う解説がどこかにありましたが、
そんなワケねーだろ。
経験則ではゴムエッジは能率とf0のトレードオフ。
f0に振って設計したな。

入力もたったの5Wなので、ニアフィールド専用かも。

しかし驚くほど低音が出ないな。
スネアドラムなんか全然聞こえないぞ。
普通のベースラインはなんとか再生。
ゴムエッジが泣くぞ。

後日、F特は測定するとして、
聴感では150Hzあたりからダラダラ下がっているようなバランスです。

ユニットの素性が出る中高音は繊細で、きめ細やか。
ボーカルのサ行もキツくなく好みです。
中低音の濁りもない。

特性図からは全く読み取れないけど、
中低域にギャップがあるようにも感じます。
後日、F特を取るのが楽しみです。

金属振動板の共振ピークは12kHz付近。
視聴では不自然さもクセも感じません。
高域のトライアングルやタンバリンもスッと再生しています。

ピストンモーション領域は5kHzぐらいまでかな。
9kHzでは60°特性が完全に逆相になっているのが分かります。
それ以降、60°のレベル低下がかなり大きいのが、
音場感にも影響があるのかもしれません。

音場は広がるタイプではなく、スピーカーの間に音場があります。
ユニット後列にキレイに並びます。
中央定位がカッチリしているのは、さすが小型密閉フルレンジです。
固い箱で作れば、より定位音像か小さくなるでしょう。

全体的には低音が出ないせいでハイ上がりに聞こえます。
でも、荒れた感じもなく、ボーカルの張り出しがいい。
本当にフォステクス製なのか?
耳に優しいので、音量を上げたくなりますが、
スチロール箱がビビるのが惜しい。

オマケで言うと、
ユニットパッキンは役立たずだぞ。
所定の穴をバッフルに開けると、
その穴にほぼすっぽりはまってしまいます。
本当に、フレームでコストダウンってやめてくれないかな。
ダイキャストとまでは言わないけど、
大きめのフレームでよろ!
自作をやる人たちはそのぐらいのコストは払うよ。
例外は〇〇研究会とか、△△ふわ会とか…

万能ではないけど、ユニットの素性がいいのは分かった。
特にボーカルが聴きやすい。
値段を考えると驚異的ですらあります。
このユニット、3ウェイのミッドにいいんじゃないだろうか。

とりあえずの密閉で、
スゲー、音が良い訳ではなかったことに
少しホッとしました。

しかしながら、低音が出ればもう終わりと言ってもいいレベルなのも事実です。
次のフェーズはダクトだな。

スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2024/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR