新型密閉容量計算

密閉型公式


今回の新型の密閉型スピーカーは第1気室1.35リットル、第2気室10リットルです。
スピーカーの容積として機能するのは第2気室だけですから、10リットルです。

パークオーディオのDCU-131Aを普通の密閉型で使ったときの最適容量を第1気室の空気質量1.75gをMゼロに追加した数値で計算してみます。

FOSTEX「CRAFT HAND BOOK」の公式と使うと、
等価Q=0.7の時、容積2.5リットル fゼロcは105Hzとなりました。

ちなみに10リットルの容積だとfゼロcは66Hzとなりますが、等価Qが低すぎになってしまいます。

誠文堂新光社「スピーカー&エンクロージャー百科」には何とアコースティック・エア・サスペンションの公式があります。

これに当てはめてみます。
等価Q=0.7の時、容積2.45リットル fゼロcは全く同じの105Hzとなりました。

ほとんど同じです。
アコースティック・エア・サスペンションってただの密閉型同じなのでしょうか?

私の認識はこうでした。
1 アコースティック・エア・サスペンションに向くユニットはQゼロが低く、かつMゼロが大きいもの。
2 うまく作るとユニットfゼロより低いfゼロcになる。
3 システムとしての能率は低い。
4 メカニカルか電気的に中音域のレベルを下げると超フラット特性になる。
5 低音はダンピングの効いた良質なもの。
6 エンクロージャー容積は少なくても良い。

理由はこうでしょう。
1について:エンクロージャー内部の空気スティフネスが高いので、自然とユニットの実効Qが高くなるから。
Mゼロを小さくとるのはエンクロージャー体積を減らすためとfゼロcを低くとるため。
2について:理由不明かつソース未確認。(?)
3:Mゼロを大きいユニットを使うから。
4:Mゼロが大きいユニットを使うから。
5:内部スティフネスが高いから。(?)
6:???

全て通常の密閉型で説明がつくところもあればそうでない部分もありそうです。
そもそも、私の認識の客観性があやしくなってきました。

再び元の計算値ついて考えます。
最適な等価Qの値(0,7)が普通の密閉型と同じなので同じ計算値になってしまうのです。
アコースティック・エア・サスペンションには独自の等価Q計算式がないと密閉型との差はでてこない理屈になります。
そもそも本当に0,7でいいのかな?
fゼロc/fゼロ=Qゼロc/Qゼロとという計算式も同様です。

今までの情報を総合すると、アコースティック・エア・サスペンションという独自のエンクロージャー形式というのは存在せず、
普通の密閉型に吸音材を沢山入れただけということになってしまいます。
アコースティック・エア・サスペンションっていうのはただの商標だったのかな?

吸音材を沢山入れると、内部スティフネスが上がると思うのですが、
前出の誠文堂新光社「スピーカー&エンクロージャー百科」には見かけ上の内部空気スティフネスが下がるという記述があって更に理解できません。
見かけ上ってことは何かとの比較で使う表現ですよね。

一般的に内部スティフネスを下げるには空気容積を上げるか空気の動く抵抗をなくす。
あるいはユニットの駆動力を上げるかMゼロを上げるといったところでしょうか。

この場合に当てはめて考えると、空気抵抗は上がるのでスティフネスは上がってしまいます。
ユニット駆動力は変化が出ませんから無関係です。
Mゼロはそもそも高い値のユニットが向いてはいますが、
アコースティック・エア・サスペンションだから上がるというものではありません。

ユニット由来のものはユニットのスティフネスだからますます関係ないかな?

内部空気のスティフネスに変化を与えられる他のパラメーターがあるとしたら、
吸音材の熱変換速度変化と音波速度変化だと思うのだけど、ここで足踏みです。

誰か教えて~っ。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ケイさん
いろいろ工夫されていますね。
自分もQ0についていろいろ調べてみましたが、結局何のことか理解できません。下記ご参照ください。
http://mcap.web.fc2.com/diary20090815.html#20090329
http://mcap.web.fc2.com/diary20090323.html#20090322
http://mcap.web.fc2.com/diary20090323.html#20090323
ケイさんが読まれた本の著者もQ0についてちゃんとした説明はできないかもしれませんね。
とりあえずやってみたらいかがでしょうか?
下記の通りに計算すれば一応のシミュレーションはできるはずですが、自分もまだシングルバスレフしかやっていません。
http://mcap.web.fc2.com/documents/MCAP003J_single-bass-reflex-simulation.pdf
ご参考まで

No title

鈴木さん、おはようございます。
重要パラメーターなのにQゼロは私も理解できていません。
「スピーカーの完全自作(昭和53年度版)」では、
Qゼロ=ユニットスティフネス=1/ユニットコンプライアンス
という記述があったように思います。
理由については説明がありませんでしたが…。
であれば影響がある物理特性として考えられるのは、「過渡特性」「能率」かなとも思います。
「能率」別の市販ユニットQゼロ分布表を作ってはもらえないでしょうか?

No title

ケイさん
データは下記にありますので作ってみてください。

http://mcap.web.fc2.com/documents/fullrange_parameter-data.ods

No title

鈴木さん、おはようございます。
解凍してみたのですがうまく展開できませんでした。
コイズミのカタログを見ながらゆっくりやってみます。

No title

ケイさん
OpenOffice Calc形式ですので解凍は不要です。

No title

鈴木さん、
展開はできましたが読めませんでした。
ファイルとフォルダの集合体になっています。

No title

OpenOfficeをインストールしてください
http://mcap.web.fc2.com/diary20091223.html#20090823

No title

お世話になっております。PARCサウンド鑑賞会の案内メールを送りますので、このメールアドレスまでメールお願いします。

ところで吸音材って運動エネルギーを摩擦によってロスさせる機構ですから、そのため見かけのスティフネスが下がる(スティフネスという観点では容量の大きいボックスと等価になる)ってことじゃないかなと思っています。

No title

鈴木さん、
オープンオフィスの日本語版をインストールしてみましたが、
更に足りないソフトがあるようでやっぱり見ることができませんでした。
パソコンが不安定にもなったのでアンインストールしてしまいました。

keikさん
そうかっ!スティフネスを空気の動きにくさと考えていたからつじつまが合わなかったのですね。
音波の減衰が大きな箱と等価っていう意味だったとは、
正に目からウロコです。
ありがとうございます。
この大きなナゾが解消しましたので、
アコースティック・エア・サスペンション方式の動作原理が分かりつつあります。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR