スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PARCサウンド鑑賞会その6


SIさん


SIさん、5cmウッドです。

足が生えている縦長のエンクロージャーで、四つ足動物みたいに愛嬌があります。
足の間にはグレーの塩ビ管ダクトがのぞいています。

構造は驚きのトリプルバスレフ。
5cmのユニットで果たして空気室を駆動出来るのか、どんな音が出るのか楽しみにしていた機体です。

少し軽い雰囲気の音です。
5cmだからなあ、と思っていると実に歯切れのいい低音も出てきてびっくりします。
ボーカルの分離も良く、低域側も非常にハイスピードです。
近接設置のバスレフポートが威力を発揮しているようです。

サックスはやや乾いた傾向で潤い感よりもドライな味付けを重視しているようです。

ホルスト組曲木星のアナウンスに再びびっくりです。
音圧、帯域共にレンジが広い管弦楽が5cmでちゃんと鳴るのでしょうか?
迫力があります。バスドラムの空気感まではムリですが、破綻なく大編成を再生しています。
驚きました。

全域に渡って音の立ち上がりが良く、帯域での音色も当然揃っています。
量感は少なく締まり重視の低音ですが、かなり下まで伸びているようです。

吉田拓郎では中高音にややホーンっぽいクセと共に荒れた感じもします。
少し入力が大きかったのかもしれません。
モニターっぽい雰囲気もある音なので、鑑賞ではソフトを選ぶスピーカーに感じました。

0,082μFのコンデンサーをパラレル接続しているらしいのですが、
それってどういうことなんでしょう?
吸音材や塗料の情報もなく、ナゾの多い機体でした。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

SIさんのはトリプルバフレフでしたね!
どう計算するのか?自分もサッパリです。
unitとパラにコンデンサーを入れるのは、フルレンジの高域のインピーダンス補正をすることで、Ampから見たSPのインピーダンスを良くする事で、過剰気味な高域を抑える時に有効と聞いていますが、0.082μFというと2万Hzでも100Ω位あるので、違うメリットがあるのかな???

No title

ひでじさん、
インピーダンス補正だとアンプ側からの抵抗値が変化するだけで、ユニット出力はどの周波数帯でも変化がでないと思うのですが…。
とにかくコンデンサーについてはよく理解できません。
SIさんのトリプルバスレフは下に行くにしたがって容積が大きくなるものが多くて、今回も図面から見ると1:1.3の比率で変化しているようです。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。