スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集まれ塩ビ管スピーカー2014その3

3 001


3番手はカノン5Dさん「S-042」。
いかにも塩ビ管といった立ち姿のスピーカーです。
長い躯体が共鳴管に見えますがダブルバスレフとのこと。
ユニットはフォステクスの新作FE103-Solで赤銅色輝くフレームが特徴です。
塩ビ管下の板の取り付け方がゴーカイでちゃんと立つのか心配しました。

このユニット、値段の高さに驚きました。
コイズミ無線で7,020円です。2個だったら14,040円ですよ。
いやがうえにも期待が高まります。

流れるような弁舌で発表がスタートです。
一聴して感じるのは、フォステクスのFEらしいカラッとした明るい音だということです。
弾けるような中高音に目が覚めます。

音場感がすばらしく、スピーカーの存在を忘れさせてくれます。
定位音像も小さくまとまって良好です。

中域の暴れが少なく荒れた感じがしませんが、
楽器の粒立ちがはっきりしているので長時間聴くと疲れるかもしれません。

華やかな高域に比べると低域の音圧レベルはやや控えめですが、
サックスは金管の良さを保ちながら、きつすぎない聴きやすさもあります。
和太鼓はもう少し重低音のブルブルした感じが欲しいところですが、
トランジェントの良いユニットのようでリアルに感じます。

中域も淀むところがなく女性ボーカルも美しく再生です。

欠点を見つけ出すのが難しいすばらしいスピーカーでした。
惜しむらくはもっと大音量で聴きたかったことです。

集まれ塩ビ管スピーカー2014その2

2 001

2番手はKentaroKumagaiさんの「Linkwitz PLUTO 」です。
非常に丁寧な仕上げのホワイトペイント躯体で、塩ビ管で作ったのが信じられない美しさのスピーカーです。

特筆すべきは、
ユニットより小さい経の塩ビ管の先をテーパー加工でぴったりの口径まで広げてユニットを取り付けていることです。
驚異の加工技術!
いったいどうやったの?

不格好だけど音が良いっていうのが塩ビ管スピーカーのアイデンティティーだと思っていたのですが、
こんなに美しいボディーが作れるなんて…。
塩ビ管ってすばらしい!

ウーハーが16cmSEAS L16RN-SL 、ツイーターはフルレンジの AURA NSW2-326-8Aの密閉型2WAYです。
どちらも白銀に輝くメタルコーンです。
KentaroKumagaiさんの「音場型です。」という言葉で発表スタートです。

まずはサイモン&ガーファンクルの「スカボローフェア」。
2WAYのワイドレンジが実感できます。
ですがどうも「どよーん」として中低域の音の分離が良くない印象です。
S&Gって録音があまり良くないように思うので音源の問題かもしれません。
あるいはウーハーとつっかえ棒でつながっているツイーターの柱が共振しているのかもしれません。

ちょうど目線上にウーハーがあるのでよく見えるのですが、
密閉型にしては振動板の振幅が大きいので破損しないかとヒヤヒヤしました。

音場型だけあって包み込むような雰囲気があり、
シロフォンは後ろの方に定位していました。
ただやっぱりボーカルが淀むような感じがあって気になっていましたが、
ツイーターの向いているベストポジションに移動するとすっきりボーカルに変わります。
視聴位置がピンポイントでしかも音場型という不思議なコンセプトのスピーカーです。

ソースを変えると今度は音像が前に出てきます。
これも視聴位置によって印象が変わります。
高域が伸びていないように感じる楽器もあって、いろいろな表情をもつスピーカーです。
音源のせいかなあ、ホントに分からない…。
部屋とのマッチングも悪いという可能性も高いですね。

今回は実力がうまく出なかったようですが、塩ビ管加工の可能性を示した秀作でした。

集まれ塩ビ管スピーカー2014その1

今年もやってまいりました、集まれ塩ビ管スピーカー2014オフ会です。
今年はわたしのエントリーはなしですが、またいろいろなスピーカーが見られるのでルンルンで会場へ突入です。
恒例の横浜ラ・ポールです。

主催のたてちゅうさん、なーおさん、他の方々には感謝感謝です。

たてちゅう1 001


トップはたてちゅうさん「KOALIEN2」です。
ステレオ誌の5cmスキャンピークユニットでみごと本戦出場の作品です。

やや、つや消しの黒い機体が精悍な印象です。
詳しい構造が分かりませんがマルチバスレフで、ダクトは背部に底部に1本ずつあります。

さて発表開始です。
一聴して、中域のクセが少ないなと感じました。荒れたりきついところがありません。
ややハイ上がりなのか華やかな印象ですが、不思議と落ち着いた感じもします。
この5cmユニットを聴くのは初めてなのですが、8cmと似たキャラクターを感じます。

口笛の倍音がうまく再生できているようで残響がリアルで美しいです。
ハーモニカもいい感じで中高域の楽器の分離も良好です。
ベースラインもはっきり聴こえますが、低域の伸びはそれ程ではないようです。
量感と締まりのバランスがよく、ダクトチューニングが絶妙です。

鈴の音はきれいに聴こえましたが、シンバルは透明感が今ひとつでユニットの限界かもしれません。

音像はスピーカー位置に横に並びます。
これは私の視聴位置が悪いのかもしれませんが、中央低位は甘い感じがしました。

圧倒的なワイドレンジというスピーカーではありませんが、
すべてにウェルバランスのいいスピーカーでした。

塩ビ管オフ会 おまけ

塩ビ管オフ会ケイ



午前の部で私の「パーフェクトフルメタルバッフル」も出品させてもらえました。
上がP800の密閉型で、下がSA/F80AMGのケルトンダブルバスレフの2ウェイ構成です。


みなさんの音を聴いた後では私のはまだまだダメ、というのが今の落ち着いた心境です。


本当に皆様のおかげで楽しい時間を過ごすことができました。
特にたてちゅうさん、なーおさんをはじめ主要スタッフの方には何もお返しができず
感謝の念しかありません。

ありがとうございました。


PS:気持ち的には来年リベンジしたいです…

塩ビ管オフ会その15


塩ビ管オフ会おおさわ

おおさわさん、「多重共鳴管スピーカーシステム」です。

正直言って、イラストブログ泣かせの外観です。
とらえどころのない形は本当に描きにくいです。
「スピーカー再生技術研究会」第2回オフ会に発表した物と同じだから、
イラストも使い回しちゃおう。
と思ってよくよく見たら…。
ぎょっ!スタンドが違う。
スピ再技研では木製ハンガースタンドでしたが、今回はマイクスタンドでしょうか。

例によってブラブラしています。
鈴木会長が特許をお持ちのMCAP-CR型の副気室以下を共鳴管に置き換えたものです。
お話では、実際にご自宅で使用中だとのことで2度びっくりです。

この会場でどういう音なのか楽しみです。
では、音出しです。

ものすごく低音が出ています。出過ぎなぐらいに感じる程です。
ティンパニの連打は迫力があり、オーケストラは臨場感満点です。

でも高音はもうちょっとがんばって欲しい感じです。
しかもやや粗い印象があります。

全体の色づきはほとんど感じられません。
ただ、ビリ付きのような音があるようです。

後半はロックパフォーマンスタイムです。
ロックの入力はちょっと小さいかな。
低音の度に紙がピロピロ、パフォーマンスがやんや。

いろんな意味で最後をしめくくるにふさわしい発表でした。


08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
プロフィール

ケイさんです

Author:ケイさんです
音楽を聴いたり機器をいじったり、だらだらしてます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。